太田朋子『分子進化のほぼ中立説』



タイトル通り「分子進化のほぼ中立説」(または「弱有害突然変異体仮説」)について解説した本。

……のはずなのですが、申し訳ありませんが、私には全く歯が立ちませんでした。
ブルーバックス(専門外の人にある程度わかるように説明した新書)なのである程度読めるかなと期待したのですが、まるで駄目でした。

というわけで、もう少しやさしそうな本から出直してきます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。