FC2ブログ

天祢涼『キョウカンカク』



音を視覚で感じることが出来る共感覚を持つ美少女探偵 音宮美夜が、女性を襲う猟奇的犯罪に挑む……というお話。
第43回メフィスト賞受賞。

うーむ、と唸ってみる。
音宮は単に音が色で見えるだけでなく、話す声でその人がどんな感情・気持ちでいるか、意思すら判ってしまうとのこと。これは本来の共感覚からは逸脱しているが、それはそれで小説的な設定と思えばよいが、そこまで鋭敏な感覚を持っていても、変なところがちらほら。
例えば、現代の携帯電話はリファレンスになる数千の音の中から、話者の声と一番よく似た音を相手に届けているだけですから、本人の声ではありません。そんな携帯電話越しの声で意思がちゃんと「見える」のでしょうか?

そこまでこだわることはないのですが、気になりだすと、どうしても許せない感じになってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。