西原理恵子『生きる悪知恵』



投書相談形式で書かれる60のお題に、りえぞう先生が答える、という本。

例えば
70社受けてもダメ。出口の見えない就活に疲れ果てました
という相談に、
正面から入れないなら、横入りすればよし。
とか答えちゃう。

もっとも、
「世間では一流と呼ばれる部類に入る私大の学生」
と称しちゃう相談者に、
「世の中にはもっと一流の大学があって」
「東大だけで毎年3000人卒業してて」
「早稲田や慶応がいて」
「海外帰国組の英語やなんやらがペラペラの人がいて」
「親のコネ組もいて」
と、あんたなんて大したことなんだよとさり気なく書き、
「どっこも取ってくれないのは逆にチャンス。やりたいことをやればいいんだから。まさか22年も生きてて、何もないなんてことないよねえ?
と、ちょっと勘違い気味の相談者に とどめを刺すところは、さすが りえぞう先生、腹黒くていいです。

サブタイトルの『正しくないけど役に立つ60のヒント』というのがピッタリの内容です。
楽しみました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。