恩田陸『三月は深き紅の淵を』

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
(2001/07/13)
恩田 陸

商品詳細を見る


『三月は深き紅の淵を』という本をめぐる、四篇の短編集。
とは言っても、出てくる『三月は深き紅の淵を』は同じ本のことを指しているのか、同じタイトルの複数の本があるのか、はたまた世界に『三月は深き紅の淵を』は一冊だけだけれど、四篇は全て異なる時空によっているのか、実在するのか登場人物たちによる虚構なのか、よく判りません。
各章は余り関連がなく連作というわけでもありません。

最後の「第四章 回転木馬」では『黄昏の百合の骨』の登場人物達を思わせる人達が登場したり、『黒と茶の幻想』を思わせる記述があったりして、マニアの方はちょっと楽しいかも。

各章はコンパクトにまとまっているためか、すっきりと読み切れました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。