FC2ブログ

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
(2012/11/22)
森見 登美彦

商品詳細を見る


小学4年生のぼく、アオヤマの住む街に、突如ペンギンが大量に現れる。それが仲の良い歯科医院のお姉さんと関わると判ってから、持ち前の探究心で調べていくと……というお話。
第31回日本SF大賞受賞作。

このアオヤマ君が大人になると、私だったりします。いや、本当に私の子供の頃そっくり。
大したことじゃないのにスケジュールを決めて実行したり、この道はどこまで続くのかいつまでも行ってみたり、性欲とは別のところで おっぱいに執着する年上お姉さん好きのマセガキだったり。アオヤマ君のように勉強している、という意識は無かったけど。
いまだに時々そんな自分が顔を出して、使いもしないデータをとにかく集めてみたり(自分では「データ・フェチ」と呼んでいる)、迷子の最中なのに それが楽しくてUターンもせず新しい道をどんどん先へ進み、迷子が大嫌いなうちの奥様をとことん不機嫌にしたりしています。

SF大賞受賞ということですが、どちらかと言えばファンタジィでしょう。不思議現象に科学的な説明がされたとはあまり思えません。もっとも、SFとファンタジィの違いをちゃんと言えないのですが。こんな時のために「マジック・リアリズム」という言葉があるのか(ちょっと違う)。

世間的には従来の森見作品とは違うという評価が多いようですが、そこは私には感じられませんでした。
楽しく読みました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。