FC2ブログ

冲方丁『マルドゥック・フラグメンツ』

マルドゥック・フラグメンツ (ハヤカワ文庫 JA ウ 1-11)マルドゥック・フラグメンツ (ハヤカワ文庫 JA ウ 1-11)
(2011/05/10)
冲方 丁

商品詳細を見る


『マルドゥック・スクランブル』に始まるシリーズの、文字通り「フラグメンツ(断片)」。各本編の前や間に位置する7短篇と、作者のインタビューが含まれた、短篇集というよりは、ファンブック、です。
ファンブックだけに、本編を読んでいるのが前提になります。全部はいらないかもしれませんが、少なくても最初の『マルドゥック・スクランブル』は読んでいる必要がありそう。各短篇も短篇としては成り立ってなくて、本編を読んでいるのが前提です。

なので、これだけ取り出して面白いとかツマラナイとか、そういうものではないでしょう。
私は『スクランブル』を読んでいるのですが、細かなことは忘れてしまったほど前の事なので、今ひとつピンと来ず。
『スクランブル』にしても、アイデアは良かったのに、SFのふりをしたギャンブル小説にしか思えず、面白いんだけど残念、みたいな印象だったので、あまり熱心なファンというわけでもありません。

というわけで、シリーズのファンの方は楽しめるかも、という感じです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。