道尾秀介『シャドウ』

シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
(2009/08/20)
道尾 秀介

商品詳細を見る


小学生の凰介の母親が病死したのが引き金になったように、幼馴染の亜紀の母が自殺、亜紀自身は交通事故に遭い、父の様子にも変化が。子供ながらに亜紀を守ろう、父を守ろうとする凰介だが……というお話。
第七回本格ミステリ大賞受賞作。

ホラーサスペンス大賞特別賞受賞でデビューした作者の、比較的初期の作品。
私個人は、作者の経歴や、既読の『向日葵の咲かない夏』に引っ張られて、どんでん返しをより大きく・意外に感じた、という部分があったかもしれませんが、
全体としては「本格ミステリ大賞」に相応しいお話でした。

ただ、動機に絡むところはちょっとなぁ、という感じもありました。動機そのものは納得できるし別に変ではありませんが、それを物語の中で提示をする方法がちょっと「突然横から失礼します」みたいな感じ。もう少し伏線があってもよかったような。

とは言え、楽しく読めたミステリィでした。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。