FC2ブログ

畑村洋太郎『失敗学のすすめ』

失敗学のすすめ (講談社文庫)失敗学のすすめ (講談社文庫)
(2005/04/15)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る


恥や減点としてではなく、失敗を肯定的に捉えて、個人の成長や組織の発展に活かすことを科学的に実証した本。

……だ、そうです。
「成功談に学ぶより、失敗談に学ぼう」というわけです。
人が失敗(特に本人の失敗)をどう思い、どう反応して、それが活用されることをいかに阻害するか、などということが書かれています。
書かれている内容は、ごく当たり前のことです。というか、あまりに普通のことしか書かれていません。
だから、書かれている内容よりも、こんな有用なことをやってない人の方が多い、ということの方が驚きでした。

私は工学部を出てエンジニアとして御飯を食べていました。
理想的な環境下では起こらないことを考慮しないといけないのが工学です。想定外のことが起こるのが当たり前。それをいかに乗り越えて目的を達成するか、というのが工学の(ある面の)基本かと。
だから先人の失敗に学ぶなどというのは、いの一番に行うことです。なんたって個人が想像できる想定外なんて高が知れていますから。

著者も工学部の教授ですので、おそらく書かれたことは御本人には「当たり前」のことだったのではないでしょうか。「失敗学」という言葉が、立花隆氏との対談から出たと書かれていましたが、そういった外の方との交流の中から、こういったことは世間の常識では無いんだと気づかれたのかもしれません。

そんなわけで、正直なところ私にとっては目新しいことはあまり無かったのですが、こういうアプローチに慣れてない方には、眼から鱗が落ちるような気持ちの本かもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。