万城目学『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


かのこちゃんは小学校入学を控えた女の子。
あるゲリラ豪雨の日、庭先に置いてある犬の玄三郎の小屋に、一匹の優雅な放浪猫が避難してきます。そのまま居着いた猫が、お母さんの作るお菓子に色が似ていたので、かのこちゃんは「マドレーヌ」と名付けました。
普通、猫は犬の言葉がわかりません。犬も猫の言葉がわかりません。でも何故かマドレーヌは玄三郎の言葉だけはわかります。玄三郎もマドレーヌとだけは会話できる。気の合った二人は(猫仲間から「子どももできないのに」と言われながら)一緒に暮らす・夫婦となることにしたので、マドレーヌは猫仲間から「マドレーヌ夫人」と呼ばれるようになりました。
そんな かのこちゃんとマドレーヌ夫人の一年ほどの出会いと別れが描かれます。

作者の本はこれが初めてですが、なるほど人気作家なのも頷けました。
使われているネタは目新しいものではありませんし、ストーリーも奇想天外というわけではありません。でも、小学校へ入って かのこちゃんに起こる(当人取っては)ジェットコースターのようなアレやコレやが、放浪を続けてきて世慣れているはずのマドレーヌ夫人のアレやコレやに、リンクしたりくっついたり離れたりしながら物語が流れていくのに、引き込まれてしまいました。
話の内容から言っても「感動の大巨編」でないのですが、涙腺の弱い方は、ちょっと最後は詰まったのではないかな。中年おっさんの私は、電車の中で泣くようなヘマはしませんでしたが。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。