月村了衛『機龍警察』


機龍警察(ハヤカワ文庫JA)機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
(2010/03/19)
月村 了衛

商品詳細を見る


近接戦闘兵器 機甲兵装が犯罪に使われるようになり、警視庁特捜部は「龍機兵」と呼ばれる新型機を導入し、その搭乗員として三人の傭兵を雇い入れた。特捜部の存在が警察組織間で軋轢を生む中、発生した密造機甲兵装による立て篭もり事件に対応するが……というお話。

長いシリーズのイントロ部分と思えばよい巻です。事件が全体の1/3、特捜部のパイロット三人を始めとした各人の紹介とキャラ立てが1/3、残りは警察内部の対立という感じ。

おそらく多くの人が思い浮かべるのが『パトレイバー』。それに加えて龍機兵そのものは『ヱヴァンゲリヲン』。はっきりは書かれていませんが、搭乗する三機はカスタマイズされていて搭乗員の交代はそう簡単に出来なさそう。搭乗員の生命・安全よりも搭乗機の安全が優先などというは、いかにも。いつ暴走するかな?
警察組織間の対立は、ちょっとやり過ぎ。内心面白くない、切羽詰まった現場で本音が顔を出すくらいは良いとしても、普段からここまで敵視していがみ合っていては余計な体力を使う。そんなことに血道を上げるほど警察って暇なんですか?と思ってみたり。

本書は作者のデビュー作とのことですが、最初からこんな達者なんて凄いなと思ったが、経歴を見るとアニメの脚本など結構手練の方のよう。
今後の展開が楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。