北村薫『鷺と雪』


鷺と雪 (文春文庫)鷺と雪 (文春文庫)
(2011/10/07)
北村 薫

商品詳細を見る


社長令嬢の英子とその運転手のベッキーさんのシリーズ、
『街の灯』
『玻璃の天』
に続く三巻目で最終巻。前二巻と同じく、三作入った連作短編集です。
北村薫氏は本作で直木賞を受賞しました。

北村氏ですから、話のレベルに問題はありません。それでも作中で英子が「気が晴れない」のと同じように、話の内容自体は「晴れ晴れ」とはいきませんでした。これはしかたないですね。
一巻目で感じた明るく無邪気な英子から、良い意味でも残念な意味でも大人になりました。現実に着地したのかもしれませんが。その分、本作では英子やベッキーさんの爽快な活躍は少なかったかも。

これが最終巻なのは少々残念。でもここからさらに書こうとすれば、どんどん時代は暗くなり、英子やベッキーさんが動き回る範囲は狭くなるでしょうから、難しいでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。