FC2ブログ

ソニー MDR-NC100D

以前はMDR-NC32NXというノイズキャンセリングヘッドフォンを使っていましたが、断線してしまったため、これに買い替えました。

前のモデルと比較すると、イヤーピースが随分改善されていて、密着度が格段に上がっています。なので、イヤーピースだけで外来ノイズが大幅にカットされる。それだけに、ノイズキャンセル機能を使ってもほとんど効果が感じられず、最初一か月以上キャンセル機能オフで使ってました。ノイズキャンセル機能のないヘッドフォンなら1/3以下の価格で買えますから、あー損した、という気分。

ところが、ある時たまたま、少し強めにイヤーピースを耳に入れ、キャンセル機能を入れたところ、あれ? 効果あるじゃん(当たり前)。というわけで、イヤーピースのフィット感が高かったので、十分耳に差し入れていなかったのでした。

前のモデルはアナログ回路でノイズ消去していましたが、こちらはデジタル回路。そのためか、ノイズキャンセルによる音質の変化は小さいように感じます。
ノイズキャンセルの種類が2パターン用意されていて切り替えも出来ますが、正直、効果に違いは感じられません。まだ飛行機では試していないので、そちらでは効果があるのかもしれませんが。
飛行機で使うための変換アダプタなど付属品もついていたためか、合皮(?)の立派な巾着袋がついてましたが、そんなに使いやすいわけでもなく、付属品も普段は不要なので使っていません。

ケーブルの長さ設定は少々不満。普段の使い方(iPodをポケットなどに入れる)には長すぎる。余分な部分は付属のケーブルクリップに巻きっぱなしにしています。その一方、長さ30センチくらいの延長ケーブルが別に付いてくる。なんだ、この中途半端な長さ。元々長過ぎなんだから、最初から延長ケーブル分込みで本体ケーブルをさらに長くしておくか、本体ケーブルを短くして延長ケーブルをもっと長くする設計にして欲しかった。想像すれば、延長ケーブル無しのつもりで設計したのに、どうしても足りなくて、泣く泣く延長ケーブルを付属させたのか。
あと、電池の減りは前モデルの3倍という感じ。前のモデルでは一日2-3時間、週5日で4-5週間持ちましたが、こちらでは7-8日くらいで電池切れ。前モデルはアルカリ電池で使ってましたが、こちらではニッケル水素充電池を買いました。

効果が感じられなかった時には「なんだよこれ、ボッタクリじゃん」とか思いましたが、正しい使い方が分かった今は、まぁ満足、というところ。
前にも書きましたが、自分の耳の健康のためにも、周りへ迷惑をかけないためにも、電車内で音楽を聞く方は、このモデルでなくてもいいので、ノイズキャンセルヘッドフォンは是非使ってください。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。