特定秘密保護法

特定秘密保護法が、可決、成立しました。

この法律に限らず、判断するポイントは二つあると思うのです。
ひとつめは「その法律は必要か?」
ふたつめは「その内容は適切か?」

この法律については、必要性については疑問がなく(必要)、内容の整理・調整が必要と私は思っていたのですが、
世間というか、マスコミに出てくる人達は、そもそも「法律は不要」という人が大半らしい。だって皆さん口々に「廃案に追い込む」とおっしゃっている。
「何でもかんでも秘密に指定される危険がある」「報道の自由が阻害される」
だから
「■■廃案にすべきだ■■」
という主張には、えっ??という感じ。

法律を作らないことが、イコール、「隠すべき秘密が無くなる」わけではない。この法律の有無とは無関係に、今だってこれからだって、政府には隠すべき(または隠したい)秘密は存在するし、今だって(勝手に)隠されている。法律が無ければ規制・制限がないのだから、「恣意的運用」つまり「何でもかんでも、勝手に秘密にする」ことは、やり放題。
今回の法律では不十分という人もいますが、それでも法律が無いより有った方が規制が増すことは明らかでしょう。

報道の自由の方はどうでしょう?
最近のマスコミの「恣意的運用」を見ていると、そもそも、お前が主張しているのは「報道の自由」じゃなく「俺の行動の自由」だろう?と言いたくなりますが、それはともかく、

反対派の急先鋒、朝日新聞のWebサイトには、特定秘密保護法について以下のように書かれている。

朝日新聞デジタル:特定秘密保護法案に関するトピックス

要約すると、
防衛、外交、スパイ活動の防止、テロ防止の4分野で、漏れれば国の安全保障に支障をきたすおそれがある情報を「特定秘密」に指定して、これを扱う公務員や警察官、民間業者などが漏洩すれば、罰する、というもの。

ここの民間業者というのは、例えば政府から委託を受けて、特定秘密を使って分析を行うシンクタンク、などというものを想定していて、特定秘密を入手した報道機関は罰則対象にはならない(報道機関に情報を渡した公務員などは、守秘義務に違反するから罰則の対象になるでしょうけど、そんなの今だって同じ)。
まさか「法律が無ければ秘密の定義(指定)がない。定義が無ければ何を漏らしても良い」なんて脳天気に考える人はいるはずもなく、「秘密だか秘密じゃないのか判らない(判断できない)ものは、どんな些細なことでも黙っておく」というのが、公務員に限らず、普通の社会人の常識。ということは、有象無象、何でも秘密にしてしまえ、その方が安全、となる(なっている)んだと思うのだけど。

皮肉なことに、反対派が主張していることは、彼らの心配事(知る権利、報道の自由)には逆行しているようにしか思えない。だから、この法律に懸念を持った方がやるべきは、「廃案」と叫ぶことでなく、政府の恣意的運用の余地を減らす枠をはめる改善だったと思うのです。

加えてマスコミは、国民の大多数が反対しているかのように報道します。
でもね、
例えば、同じく朝日新聞のWebサイト、

朝日新聞デジタル:特定秘密保護法案に関するトピックス

の真ん中くらいの「投稿マップ」を見ると、反対票の倍くらい賛成票が入っています。勿論これは厳密な投票ではないし架空投票も出来そうですから、これを持って世論とは言いませんが、何となく周りを見回した時の温度と同じ様な印象です。


話は外れますが、
今回のことは、何か自衛隊の扱いに似てるなぁと思いました。

ずいぶん改善はしましたが、自衛隊の行動について、何を行ってよくて何を行ってはいけないか、曖昧なところが沢山あります。でも仕事はやらなくてはならないから、「現場の裁量」が大きな部分を占めてしまいます。今の自衛隊の現場の良心に疑問を持っていませんが、何かの意図を持って「裁量」の名目で暴走された時、止められません。
でも、この辺りを行動規範を整備しようとすると、途端に「平和主義者」達の妨害が入ります。私なんかは、軍事力には二重三重の安全装置を設けてコントロールすべき(それがシビリアン・コントロール)と思うのですが、世の中には「無視をすれば、それは無かったものになる」と思い込んでいる人がいるようです。
きっと「平和主義者」は自衛隊の最大の味方です。なんたって制限を設けようとする人達に対して、代わりに反対してくれるのですから。

平安貴族は殺生を穢れたものとして切り離し、軍事を武士に預けて、和歌を詠んで過ごしました。無視して済むならそれはそれで幸せなことなんですけどね。
何かこの話、「廃案」と叫んでいた人達に似ている気がします。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。