スティーグ・ラーソン『ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女』


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/09/08)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2011/09/08)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


ジャーナリストのミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を書くが、それが全くの間違いだったため名誉毀損で訴えられ窮地に立っていた。
同じ頃、古い大企業グループの前会長ヘンリックは、ドラゴンのタトゥーを彫ったフリーの調査員リスベット・サランデルに、ミカエルの身元調査を依頼していた。40年ほど前に起こった兄の孫娘ハリエットの失踪事件をミカエルに調査依頼するためだ。
ミカエルと彼の名誉回復、リスベットと彼女の立場、ハリエットの失踪の真相と調査が絡まり合って、進んでいくお話。

ベストセラーになり映画にもなりました。スウェーデン産の小説です。中々長い。
タイトルからトゥームレイダーのララ・クロフトみたいな女性が縦横無尽に大活躍、みたいなものを勝手に想像していましたが、かなり違いました。主人公その1のミカエルは結構甘ちゃんだし、主人公その2のリスベットは社会不適応タイプ。もう少し社会性があれば、もう少し困難なく解決が早まるのに、と思わないでもない。
ハリエットやリスベットに起こることは、何とも陰惨で、ここまで追い込まないでもいいだろうにと思う。ここらへんは作者のトラウマが反映しているらしい。
失踪部分のミステリー的な説明は杜撰と言ってもよいかも。ハリエットの行動動機などもちょっと説明が弱いかな。ただ、失踪事件のオチは中々意外ではあります。

作者はテクノロジー好きなのか、コンピュータについて結構細かなことが書かれています。CPU名とかグラフィックスボードとか搭載RAMやHDDの容量とか。でも「960MBのRAM」って変じゃないですかね?512MBか1GB、少々苦しいけど768MBとかならまだ分かるんですが。
それに、こういうものって時間が経つと陳腐化が激しい。PowerPC7451とか、ハイビジョンに届かない解像度とか。リスベットが「魅きつけられた」と具体的に仕様を書けば書くほど、古臭く感じる。書かれてからたった8年しか経っていない話なのですが。
リスベットが駆使するハッキング技術は「空想的」と思えるかもしれませんが、実は、荒唐無稽というほど実現性がないわけではありません。仕組みは若干違いますが、同様のことを実際研究している人達が実在します。ただ、ここ数年の世の中の変化の結果、『実用性』が低くなりました。

少々陰惨なところがあるのですが、楽しめました。シリーズ第二部『火と戯れる女』も準備済み。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。