FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus7

仕事柄、PCとか、タブレットとか、クラウドとか、そんなものの未来を考えることが多いのですが、
明日にでも「PCは滅んで全てタブレットになるんだ」とぶち上げるリサーチャーには、「なーに言ってんだか」と、割とアンチっぽい態度をしてしまう私ですが、
タブレットはタブレットで便利かも、と思い始める。

数年前に家の中を無線LAN化して以来、MacBookを持った奥さんが、居心地の良い場所を探して部屋の中をうろうろするのを見て、あれ、いーなーと思ってました。
私が普段使っているiMacを置いてある部屋は、エアコンから外れているのに南向きなので、特に夏は扇風機をガンガン回して冷えた空気を部屋へ引き込んで、やっと熱中症にならない室温になるような有様。涼しいリビングのソファーで遊べるなら、それはそれで快適&地球に優しい。
ただ、そのためにノートPCを買うのもなぁ、というわけで、タブレット。

去年の今頃からどうしようかなぁ、と思い始めたのですが、まぁ、普通に考えればiPadかAndroidしかありません。
ガジェットに滅法強い友人達は、みな異口同音に、
「”なんでこいつはこんなにダメなんだ”と一日一回ムカつきたくなければ、iPad」
とのこと。あくまで道具なので、道具にムカつくのは嫌だなぁと思う。
家で使うだけのViewerだし、通信料もかけたくないのでWi-Fiモデル、持ち歩くわけでもないので、10インチでもいいかな?と思ったら、「10インチは重い」「7インチだって結構重い」と助言をもらう。

それで、iPad miniの発表・発売を待つことに。
ところが、発表されてみるとminiの出来はいまいち。使い物にならないわけではないけど、あの性能であの値段はないだろう。こんなやっつけ仕事的なものなら、すぐに練った良いものが出て来てムカつきそう、と思い、見送り。

で、Nexus7。


Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GBGoogle Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB
()
ASUSTek

商品詳細を見る

一応Google名義(作っているのはASUSだけど)なので、今後のUpdateでも簡単には見捨てられないだろうし(最近、古いセキュリティホールが残っているのにサポートされない端末が結構あって、実は隠れた問題になっていたりする)、ハードウェアの評判もそんなに悪くないし、失敗しても諦められる価格。

というわけで、某量販店で去年12月に購入。16GBモデル19800円なり。ポイントが付く分、直接購入よりはちょっとお得。モバイルルーターとセットで9800円ってのもありましたが、自宅使用が前提なので、パス。
普通のBlogなら、ここで写真付きで「開封の儀」でしょうが、やりません。やっている方は一杯いるのでそちらへどうぞ。第一、写真撮ってないし。
開けると、セットを包んだ透明フィルムの糊付けがずれていて、全然本体保護になってない。店側が開けたということも考えられるけど、どうも最初からこうだったような。製造の精度悪し?変なところに付いているフィルムを剥しているうちに、スイッチが入ってしまって電源オン。グダグダ。
最初は英語で立ち上がり言語選択。その後セットアップしていくわけですが、まぁそれなりにPCのことはわかっている(つもりだ)し、元々Gmailのアドレスも持っていたので、特につまづかずに設定できましたが、PCに慣れてない人にとってはなかなかハードルは高いんじゃないでしょうか、これ。

使い始めて「一日一回ムカつきたくなければ」というのがよく分かる。Appleだと何より最初に策定するのはマンマシンインターフェース仕様だったりするわけですが、Androidでは、そんなところはバラバラ。よく言えば自由、はっきり言って混沌。同じ様な操作なのに意味が違うなんてのはザラ。結果、ソフトの操作を一つ一つ個別に覚えていくしかない。やれやれ。昔のWindowsみたい。
Android OSも「4.xでやっとまともに」なんて記述を読むと、前はいったいどのくらい酷かったんだよ、とか思う。Nexus7は最初から4.xが入っていますが、使えないことはないけれど、決して完成度が高いとは言えない。さらにこれより出来が悪いとなると……まして、携帯電話でもあるわけで……みんな我慢強いなぁ。

特に混乱ぶりが現れていると思うのは音の出力に関するところ。アプリ(コンピュータ)の部分と電話の部分があるので、扱いは難しいとは思うが、それにしてもね。ヘッドフォン端子にヘッドフォンを挿したのに、アプリの出す音は相変わらずスピーカーに流れるというのは、正直、意味がわからない。普通、ヘッドフォンを挿したら、それまでスピーカに流れていた音が全てヘッドフォンに流れることを期待しそうなものだけど。

もう一つ想定外だったのは、無線LANのサポート周波数。
家庭で使われている無線LANの周波数には2.4GHz帯と5GHz帯があり、2.4GHz帯の方が見通しの悪いところでも繋げることができます。
うちはちょっと変わった形をしたマンションで部屋の中でも見通しが悪いため、本来は2.4GHzの方が良いのですが(実際、つながった時の速度は早い)、隣近所 各部屋でみんな2.4GHz帯を使うもので、チャンネルの衝突が起こってしまい、待ち時間が長かったり途中で切れたり、結局データを送るのに時間がかかってしまう。無線LAN使い始めの頃はこんなこと無かったのですけど。そんなわけで、ある時期から5GHz帯だけ使って、2.4GHz帯は切っていました。
ところが、Nexus7は2.4GHz帯だけで、5GHz帯はサポートしていません。というわけで、オフにしていたルータの2.4GHz帯を復活させなくてはいけませんでした。

本体と一緒に液晶保護フィルムとケースを購入。
ケースはいろいろあって、どれがいいやら見当がつかなかったので、

Google Nexus 7 Travel Cover, Gray - 米国正規品 - 並行輸入品Google Nexus 7 Travel Cover, Gray - 米国正規品 - 並行輸入品
()
ASUSTek

商品詳細を見る

と純正品を購入。
ところがこれが、大失敗。
成形が悪くて、持ち方によって勝手に電源ボタンや音量ボタンが押されっぱなしになったりする。最初は騙し騙し使っていたが、数日後にはカッターナイフでボタン部分を切り落とす。
それに、妙に重たい。文章で表現が難しいですが、タブレットを使う時、カバーを開き、ちょうど雑誌を見開きで持っているような感じになるのですが、この表紙の部分(閉じている時には液晶をカバーする部分)に厚みがあって重たいため、片手で本体を持つと、ちょっと横?下?に引っ張られるような感じになり、実際の重さ以上に重く感じてしまう。この表紙部分を折り返して本体の背中へ回してしまえば持ちやすいのですが、折の部分の材質が硬いため、割れて切れてしまいそうで怖くて折り返しできない。使い勝手悪し。
それでも頑強なカバーならまだ許せるのですが、いろんな荷物の入ったカバンの中に放り込むのは、ちょっとためらわれる軟弱さ。
結局、カバーは外してしまいました。外すと判るカバーの重さ。大失敗。

本体を縦に持った時に、一番下の辺にヘッドフォン端子があるのも邪魔。7インチと言えども片手で長時間持っていると疲れてくるので、下辺を腹とか胸とか当てて支えることも多いが、ヘッドフォン使用中だとそれが出来ない。
多くのアプリは本体を横にしたり180度反転させたりしても使えますが、アプリの中には古いOSに対応するため(?)か、一定の決まった向きでしか使えないものがあったりする。こんなところもOSとしてのAndroidの未熟さを感じます。

と、まぁ、いろいろあるのですが、何か昔のじゃじゃ馬PCを乗りこなすような楽しさが無いこともありません。
当初の目的の、リビングのソファで寝転がってWeb、は実現しました。そのまま寝込んで、顔の上に落ちて来ることも一度や二度では無いですけど。10インチだったら顔にタブレット印の青アザを作っていたでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。