有川浩『レインツリーの国』


レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る


向坂伸行は、昔読んだ衝撃的な結末のライトノベルのことを調べるうち、同じ小説の感想が書かれたWebページ「レインツリーの国」にたどり着く。気まぐれからメールを出し、文通を続け、会ってほしいという伸行に、管理人の彼女はなかなかウンとは言ってくれない。実は彼女には「秘密」があって……というお話。

恋愛小説です。ベタベタの。
二人の交わすメールは微笑ましくもありますが、中年おっさんの私には、正直なところ背中がゾクゾクとする気恥ずかしさでした。いや、わかるんですよ。私にもこんな時期が有りましたから。わかるだけに、自分の莫迦さ加減や当時の恥ずかしい気負いなど、穴があったら入りたいようなことを思い出したりするわけですよ。

比較的最初の方で二人は会うことになり「秘密」は明かされます。確かに「秘密」は二人の恋愛の障害として描かれますが、なんというか、話を転がすためのきっかけでしかなくて、「秘密」について書くための話では無い、という印象を受けました。「秘密」が無くたって、彼と彼女が衝突する内容は、人と人との付き合いでは普遍的なところです。
ただ私は、それがよいところだと思いました。「秘密」を取り立てて主役に据えたとしたら、かえって変な具合に全体が曲がってしまったかもしれません。

きっかけのラノベが二人の恋愛に裏でシンクロしていったり、伸行の実家が美容院だったり、二塁打の娘の役割とか、小説の教本のような鉄板展開 & 布石の打ち方で、やっぱり作者は手堅い。
おっさんにはちょっと背中ゾクゾクでしたが、今真っ直中の二十代の方なら大丈夫かな。
楽しめると思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。