FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大森望、豊崎由美『文学賞メッタ斬り!ファイナル』


文学賞メッタ斬り! ファイナル文学賞メッタ斬り! ファイナル
(2012/08/01)
大森 望、豊崎 由美 他

商品詳細を見る

いろいろ沢山ある文学賞の、特徴やら、裏側やら、選考委員やら、選評やらを、時に軽妙に、時に真面目に解説した『文学賞メッタ斬り!』シリーズの五冊目にしてファイナル版。

前の四冊、

文学賞メッタ斬り!文学賞メッタ斬り!
(2004/03/18)
大森 望、豊崎 由美 他

商品詳細を見る


文学賞メッタ斬り!リターンズ文学賞メッタ斬り!リターンズ
(2006/08)
大森 望、豊崎 由美 他

商品詳細を見る


文学賞メッタ斬り!〈2007年版〉受賞作はありません編文学賞メッタ斬り!〈2007年版〉受賞作はありません編
(2007/05/10)
大森 望、豊崎 由美 他

商品詳細を見る


文学賞メッタ斬り!〈2008年版〉たいへんよくできました編文学賞メッタ斬り!〈2008年版〉たいへんよくできました編
(2008/05)
大森 望、豊崎 由美 他

商品詳細を見る

が、文壇の裏話を楽しみつつも、実は、主な賞の受賞作を丁寧に読んで評価したガイドブックとして、すごく役立っていたのに対して、
本作では、残念ながら、ほとんど芥川賞、直木賞にしか触れられておらず『文学賞〜』というよりは『芥川賞・直木賞メッタ斬り!』にしかなっていません。また、内容の大半は他のところやラジオ放送を再録したもので、この本のオリジナルは1/4くらいでしょうか。ゴシップや裏話は、一度読むには楽しいですが、所詮一度読むためだけで、週刊誌でやるものでしょうね。

とは言え、出版物の形ではこれが最後というのは、とても残念です。
本って山のように出版されていますが、山のようにあるだけに、酷くて金返せと言いたいものに当たることも多い。なんとか賞受賞といっても、なんだこれ?というのも少なく無いですし。
そんな時にガイドブックとして、とても良かったんですけど。
今は、1月と7月の芥川賞・直木賞の発表に合わせて、ラジオ(ラジオ日本 ラジカントロプス2.0)で『文学賞メッタ斬り!スペシャル』(と言いつつ、実際には『芥川賞・直木賞メッタ斬り』なわけですが)が放送されていますが、実際聞いてみると、楽しいんですけど、私などはやっぱり活字になっていないと、タイトルとか著者名とかが頭に入らないんですよね。
ポッドキャストでも聞けますので、興味がある方は、どうぞ。
番組一覧:【ネットでも聴けます】ラジカントロプス2.0|ラジオ日本 AM1422kHz

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。