筆タイプ タッチペン

Nexus7の話の続き。

私の指は男にしては細くて長いのですが、操作には太すぎるのか(って、私の指で太すぎるなら大抵の男の指はダメだろうけど)、単に操作に慣れてないためか、何度も同じミスタッチを繰り返して、イライラが溜まる。精神衛生上良くないので、使い始めて2日後にはタッチペンを買ってました。

オウルテック 筆タイプタッチペン クリア TWD-002SSオウルテック 筆タイプタッチペン クリア TWD-002SS
(2011/10/28)
オウルテック

商品詳細を見る

普通のタッチペンのペン先は導電ゴムが多いですが、この先端は導電性繊維を束ねたもの、つまり筆で出来ています。ゴムのペン先では擦れて摩耗していきますが、筆のペン先だとそんなこともありません。強めに擦っても滑りはなめらか。
使い心地は良いのですが、画面に埃が付いているとペン先が掃き取ってしまう。ちょうど箒になってしまうわけです。埃は繊維の間に入り込むのですが、あまり溜まり過ぎると、タッチの反応が鈍くなります。そんな時は、筆先を爪で引っ掻くようにすると、埃が出てきて回復します。
長さ12cmあるところは使いやすくていいのですが、タブレットと一緒に置いておくには、ちょっと座りが悪い。アクセサリのようにプラグに挿せるストラップでも付いていればいいのに。残念ながら自分でストラップを付けるような穴も開いていない。柄の半分は透明なプラスティックなので自分で穴を開けてもいいのですけど。
一応、挟むためのクリップも柄に付いているのですが、このクリップが固定されてなくて、簡単に柄から抜けてしまう。結局紙などに挟んでも、クリップが柄から抜けてしまってどっかへ行ってしまう。全く役立たず。唯一、円筒形のペンが転がってどこかへ行ってしまうのを防げるくらいか。

実はタッチペンを本格的に使うのはこれが初めてで、4ヵ月使っても使い心地が変わらないのは、長いのか短いのか比較対象がないので全然わからないのですが。
筆形が乱れたらどうなるか(毛がはねて意図しないところに触るとミスタッチになりそう)、筆先が汚れてきたら反応が悪くなるか、汚れたら水洗いしていいのか(繊維を水溶性の接着剤で束ねていたら、水洗いしたらバラバラになる)、なんてところが気になるところ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。