FC2ブログ

恩田陸『ユージニア』


ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
(2008/08/25)
恩田 陸

商品詳細を見る


ある名家で起こる大量毒殺事件。解決はされるものの、皆がしっくりいかないものを抱えながら数十年が過ぎて、関係者の証言が集まっていくと……というお話。
日本推理作家協会賞受賞。

なんというか、私の好きではない面のでた恩田先生、という感じ。
まずは古い毒殺事件のことを調べている人が関係者にインタビュウする、という形式で始まるが、途中で、この形式が破られる。私の性格なのか、途中で形式が変わるところが美しく感じない。必然のある変化ならともかく、前の形式を踏襲できる場合なのに変えられてしまうと、どうもちょっと減点、みたいな感じになってしまう。そういう意味では『Q&A』で感じたガッカリ感とよく似ている。
それぞれの証言は矛盾があります。それは嘘をついている場合もあれば、記憶がねじ曲げられて、当人はそれが真実だと思い込んでいる場合もあるでしょう。さらに言えば、どう考えても間違いと思える記述も混じってきて、登場人物だけでなく作者も嘘をつく(または記憶違いをする)と思えてくる。
だから結局のところ事件の真相はわかりません。作中に提示された謎も全て答えが出ません。まぁ、中には読み込みが足りなくて私が気づいてないだけのものもあるかもしれませんが。
それなのに「日本推理作家協会賞」ってのは、むむむっ、という感じなのですが、よく考えれば「作家協会賞」なのであって「日本推理賞」ではないのだから、受賞する話が推理小説とは限らないか、とも思う。思うけれど、ストンと腑には落ちない。
本編と陸続きのように「ユージニアノート」というものが最後についていて、そこではブックデザイナー、作家、フォントディレクターが次々と証言していきます。ここも含めて本編と思えば、メタフィクションの一種なのかな?とも思うけど、余りにも本編と繋がっていないために、これはやっぱり「あとがき」の変形かとも思う。
ハードカバーでは印刷された文字が斜めだったりしたらしいですが、私が読んだのは文庫版で、そこではそんなこともなく、もしかしたら楽しいところの何パーセントかは損したのかもしれません。Amazonの「なか見検索」がハードカバーについていたので、現物が見れるかな?と期待しましたが、開いてみると、なか見は文庫から引いたもので、残念ながらハードカバーの紙面は確認できませんでした。

そんなこんなで、解消されない不安を楽しむ話なのかもしれませんが、私にとってはちょっと難し過ぎました。

スポンサーサイト