FC2ブログ

光原百合『銀の犬』


銀の犬 (ハルキ文庫)銀の犬 (ハルキ文庫)
(2008/05/15)
光原 百合

商品詳細を見る


「祓いの楽人」オシアンとその相棒ブランが、旅先でぶつかる事件の話。
短編連作集。5つの話が集まっています。

作者の話は、『十八の夏』『最後の願い』『遠い約束』と読んだことがありますが、これらが日本を舞台にしたミステリィなのに対して、こちらはどことも分からない国を舞台にしたファンタジィ。解説によると、ケルト神話を下敷きに作者独自の世界とか。

お話としては、さほど問題もなく無難に書かれてはいるのですが、一方、何か独特な光を放つほどでもありません。別につまらない話でもないのですが、意地悪な言い方をすれば、光原百合が書いたもの、と言えるほどの特徴もなく、あえて光原さんが書くほどのこともないのでは?と思ってしまう。
作者はケルト神話が大好きでこの話を書いたそうなので、当人が楽しければそれでいいか、という気もしますが。

スポンサーサイト