FC2ブログ

Apple Magic Trackpad


Apple Magic Trackpad MC380J/AApple Magic Trackpad MC380J/A
(2010/07/29)
アップル

商品詳細を見る


去年の誕生日プレゼントで、妻にもらいました。

見ての通り表面全体がトラックパッドになっていて、力をかけるとクリックされます。Mac用ポインティングデバイスの伝統通り、ワンボタン仕様です。クリックのスイッチはどこにあるの?という感じで、なかなかわからないのですが、パッドの手前側のゴム足がスイッチになっています。力をかけるとパッド全体が沈んでゴム足に力がかかってスイッチが入る、という仕組み。
なかなか巧みな仕組みなのですが、ゴム足は手前に二箇所あるだけですから、押す場所によってクリックに必要な力加減が大きく変わってくる。マウスカーソルを動かすだけでクリックしてしまっては困るので、ある程度スイッチは固く出来ています。結局クリックには結構な力が必要です。ところが、力んでクリックすると、クリックと同時にマウスカーソルが動いてしまったり、最初の頃は結構てこずりました。
パッドの下に硬い板を敷いたり、パッドの表面と手首/指先の高さをいろいろ調整して、何となく収まるところに収めた、というところです。

Magic Mouseの時と同じく、OSではあまりカスタマイズ出来るようになっていません。
これもフリーソフト、

MagicPrefs
BetterTouchTool

などがサポートしてくれています。
私が設定しているのは(MagicPrefsとOS設定の合わせ技で)、

二本指 スワイプで「スクロール」
二本指 クリックで「ホイールクリック」
三本指 左右スワイプで「進む、戻る」
三本指 クリックで「ウィンドウを閉じる」
四本指 左右スワイプで「フルスクリーンアプリを切り替え」
五本指 クリックで「右クリック」

右クリックは、ずっと「右下をクリック」という設定にしていましたが、手元を見ないと誤操作が多いので、今日から変更して慣らし運転中です。

スクロール方向は、マウスと逆の設定(下から上へスワイプで、正スクロール)にしました。最初は戸惑いましたが、一週間もすれば慣れました。マウスも時々使うのですが、思ったほど混乱しません。手は勝手にマウスとパッドが区別してくれます。
予想外に戸惑ったのが、Windowsのトラックパッドを使う場合。仕事で使っているノートパソコンで、付属のトラックパッドをたまに使うと、逆方向にスクロールしてしまう。Windowsも同じ設定にしたいのですが、標準では設定できず(Win7です)、実現するには色々仕掛けしないといけないようで、業務用PCにはちょっとハードルが高い。

概ね満足の製品なのですが、クリックの硬さだけが玉に瑕でしょうか。長時間使っていると疲れてくるんですよね。手首と指の良いポジションを見つけられれば、もう少しよくなると思うのですが。