洗濯機

うちの洗濯機は二十年以上前に私の独身時代に買ったもの。独身の時は週に一度洗濯すればよい方だったし、途中二年ほど日本を離れた時には倉庫に入りっぱなしだったので、稼働時間を考えれば普通の家の十二、三年相当というところだと思いますが、それにしてももう充分引退しても良い頃です。
実際ここ数年、脱水の時に断末魔の叫びが数日続き、奥さんが「そろそろ買い換えていい?」と言う度に、何故か調子が良くなるというのを繰り返していたのは、有りがちな展開。
それでもとうとう異音も堪え難くなってきたので、先週末に近所の量販店へ買いに行きました。

奥さんが予め決めていた機種をすんなり買うことになり、ちょうど声をかけてきた店員に「設置」とか「配達日」とか、いろいろな質問に答えて手続きをしてもらったのですが、
突然「インターネットに入っていますか?」という質問が飛び出す。勿論、購入する洗濯機がインターネットに繋がって、洗濯が終わったら携帯にメールが来る、なんて機能が付いているわけではありません。続けて「光接続か?」とか「プロバイダは?」とか「電話は?」などと訊かれる。訝しく思いながら答えていると、洗濯機購入と同時にインターネットと電話をワンセットで指定のプロバイダに変更すると、洗濯機代を二万円だか三万円だかキャッシュバックします、とのこと。
電話もプロバイダも変える気がなかったので断りましたが、「(PCとセットならわかるけど)洗濯機でもセットがあるんですねぇ」と言ったところ、店員曰く「実は私はそのためにいるんです」
なるほど、あなたが携帯電話コーナーの店員のようにauのジャンパーを着ていたのはそういう訳なのね。最初声かけられた時、洗濯機なんだけど大丈夫かなぁ〜と思ったのでした。

それにしても洗濯機とは、通信屋さんも大変なんだなぁ……

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。