FC2ブログ

嘘つきは泥棒の始まり

「嘘つきは泥棒の始まり」って、子供の頃、親に言われて育てられました。

泥棒はともかく、嘘は時には必要なこともありますが、
まぁ、ここで言っているのは「倫理観」についてです。嘘を付くことに躊躇いや後ろめたさなどを感じない人間は遠からず犯罪者、という戒めでしょう。

FNNニュース: 民主党「子ども手当存続」のビラ配布

先の自民党との子ども手当に関する合意を受けて、民主党は「手当は存続します」「誤解しないでください」というビラを作って支部へ配布した、とのこと。

あの合意した内容で、民主党が「子ども手当は存続出来た」と本気で思っているとしたならば、余りに論理的な思考能力に欠けている(端的に言えば『頭悪すぎ』)でしょう。
そんな人は政治を執ってもらっては困ります。即刻退場してください。

実は本気でそんなことは思っていないけど、自己保身や非難をかわすために「存続します」と言っているのであれば、これは他人を騙すための「嘘」です。しかも自己保身のための、紛れもなく「泥棒」に至る嘘でしょう。
そんな人も政治家はやめていただきたい。

私個人は、子ども手当は「優先順位が変」な政策の最たるものだと思うし、根本的な問題解決には何の役にも立たないと思っていました。

間違いは誰にでもあることです。やってみたら上手くいかなかった、間違ってました、修正します、ごめんなさい、というのは、少々迷惑なことではありますが、正しい姿勢だと思いますし、ある面仕方がないことだと思っています。
だから民主党が間違いを正して軌道修正するならば、それはそれで大切なことだと思っています。
(もっとも、うちの奥さんのように「最初から出来ないって明白なことを出来ると思い込むのは、能力が足りないんだから、そもそも政権を取るのに相応しくない」という厳しい見方もありますけど)

でも、自己保身のために有権者を騙そうと「嘘」をつくならば、全くもって論外です。

しかし今の時代、こんなもので騙せると思ったんでしょうか?「『有権者なんて莫迦だからチョロイもんだぜ』と思った、お前が一番莫迦」という実例が、また一つ増えただけでしょうか。
スポンサーサイト