FC2ブログ

茅田砂胡『祝もものき事務所』

祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)
(2010/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


やる気なし、根性なし、能力なし、の百之喜所長率いる(?)「もものき事務所」(探偵事務所、ではない)に持ち込まれた、動機有り、物証あり、アリバイなしの殺人事件容疑者の容疑を晴らそう、というお話。

推理小説の類を想像してはいけません。なんたって解決方法が究極の御都合主義です。普通御都合主義は読者に糾弾されますが、この話ではそれもありません。というのは、最初から「この話は御都合主義ですから」と宣言してしまいますので。

コメディと思えばいいでしょうか。なんたって登場人物名が桃太郎です。ただ凝り方がいまいち。犬猿雉だけでなく鬼も味方になってますし。味方ももう少し厳選して役割分担を際立たせれば良かったのに、今回はこれも今一歩。二作目三作目では活躍の場があるのでしょうか。
コメディとしてもいまいち。もう少しスラップスティック風にしても良かったかも。
関係者一族が余りにも酷いということを延々と書かれているのも、ちょっと冗長。悪く言えば水増し感有り。

ファンの方には申し訳ありませんが、使われたイラストもいまいち。文中のキャラと合ってないし。

というわけで、
茅田砂胡氏を初めて読む方にはお勧めしません。
既に茅田氏が好きな方は、まぁ、相変わらずの茅田節で楽しめると思います。
今後はこのシリーズを書くのかな?と思っていたら、この後はデルフィニア流れの話が続くようです。