Thunderbird5.0

メールソフトはThunderbirdを使っています。
昨日?、4.xを飛ばしてThunderbirdはVer5.0になりました。Firefoxに合わせたんでしょうね。

Mac版を使っているのですが、メールを保存しておくフォルダ名が妙で、少々困ったことに。

濁点や半濁点を含むフォルダ名で、濁点や半濁点が前の文字にくっついたような位置になるのです。
例えば、「タダ」というフォルダ名が「ダタ」と見える。「ハピ」が「パヒ」と見える。カタカナだけでなく平仮名でも同様です。
見えるだけではなく、実際文字コードも違うようです。
例えば「タダ」というフォルダへ振り分けるフィルタを使っていた場合、Ver5にしたとたん「タダというフォルダが見つからないのでフィルタを無効にする」と言って振り分けてくれません。つまりフォルダ名は変な文字列に変換されるが、フィルタの中のフォルダ名は変わらない、というわけ。
フォルダ名を「タダ」と入れ直すと、フィルタもちゃんと働くし、再び変な文字列に変換されることもありません。

まったく、なんだよ、こいつ、って感じ。Mac版はテストされてないの?
一説によると、MacOSXのUnicordでの濁点・半濁点の扱いの間違いのための現象とか。
そうなのかもしれませんが、前のバージョンまでちゃんと動いていたんですからねぇ。ソフトを書くということは、美しいコードを書くというのが目的ではなく、ちゃんと動作するソフトを書くことが目的、と、元ソフト屋の私は思うのですが。

全く気づかなかったのですが、Firefoxを使ってFTPでファイルアップロードする(ってどうやるんだろう?)と、Ver4以降では日本語ファイル名が同じような現象になるとか。こっちは深刻ですね。Uploadした先で化けられると困ってしまう。

Thunderbirdのフォルダは入れ直せば治ることは分かっているのですが、なんせ数が多いもので少々躊躇ってます。数が多くてもやればいいのですが、全部直したあとで次のバージョンでThunderbird側が対応してしまって再文字化けで、また入力し直しとならないかどうか。
でもフィルタがまともに動かないといろいろ面倒なので、一日位考えて、覚悟を決めてやってしまうと思いますが。


2011年7月2日 追記:

> フォルダ名を「タダ」と入れ直すと、フィルタもちゃんと働くし

フィルタに設定しているフォルダも設定し直さないと働きませんでした。
めんどくさぁっ。
力技でやってしまいましたが、次のバージョンでまた変わらないことを祈るのみ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。