横山秀夫『臨場』


臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る


「終身検視官」とも「倉石学校校長」とも称される捜査一課調査官・倉石義男がぶつかる事件を描いていく短編連作集。普通の刑事とは違って倉石は調査官で、死体や現場が語りかけてくるもので、いろいろなことを判断していきます。いわば安楽椅子探偵物になるでしょうか。

八篇の話が入っていますが、最初はともかく、終わりの方になると倉石の推理や行動が神がかってきて、どうも、ミステリィとしてはどうなのかな?ということを感じないでもない。主人公は倉石ですが、語り部はその近くにいる人達(部下だったり他の刑事だったり)するので、倉石の内面は書かれないので余計そう感じるのかも。横山秀夫ですから根拠になる証拠などが納得が出来ないわけではないですけど。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。