FC2ブログ

Cirque du Soleil『KOOZA』

カナダのパフォーマンス集団シルク・ドゥ・ソレイユの、日本でやっているツアーショー KOOZAを見てきました。

こちらにも書いた通り、シルク・ドゥ・ソレイユのショーは機会があれば必ず見ているという感じなのですが、KOOZAは今まで見たツアーショーの中では一番だったような気がします。アクロバット系はラスベガスのレジデントショー、Mystèreが一番だと思っていますが、その次くらいと言っては言い過ぎか。残念ですが、日本のレジデントショーZEDよりは、こちらの方が上でした。
演目そのものはある程度、他のショーでも見られるものですが、完成度はこちらの方がずっと高い。うまい人が多い。例えばWheel of Deathという演目は他のショーでも行われていますが、今まで見たことがあるものより装置の大きさが一回り二回り大きくて迫力が違うのですが、パフォーマーがそれに負けていません。ZEDでは不満だった音楽と演出もかなりこちらが上です。

シルク・ドゥ・ソレイユのショーはどれもそうですが、開演が14時ならば、13時半には席についていた方がいいでしょう。30分前には事実上開演しています。遅れてくるなんてもっての外です。シルク・ドゥ・ソレイユのショーは一連の物語なので、頭が欠けると台無しです。
席は出来れば正面後方がいいでしょう。同じ料金ですが左寄り・右寄りでは、演目によっては視線に邪魔が入ります。少し安いですが左右両翼の席はおすすめしません。
クラウン(道化・ピエロ)にいぢってもらいたければ、通路側の席をどうぞ。前方の席ならばなお良し。KOOZAではいつも以上に客いじりが多いです。あまり客いじりの好きではない私には、もう少し短くすればいいのに、と思えました。
笑いもいつものシルク・ドゥ・ソレイユのショーよりは多めです。Mystèreなんて子供は悪夢を見そうなダークな感じがありますけど、そこは抑え気味です。
残念ですがチケットは当日券もあるような状況です。高いですからね。

最後に、日本でのシルク・ドゥ・ソレイユの公演にはフジテレビが噛んでますが、妙な「なんとかサポーター」なんてのを作って宣伝するのはやめて欲しい。タレントのキャラクタとショーの性格が合ってなくて、逆効果。タレントがお薦めするから見る、なんてタイプのショーではないでしょう、これ。