FC2ブログ

今野敏『果断』


果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
(2010/01/28)
今野 敏

商品詳細を見る


身内の不祥事で警察庁から所轄の署長に左遷された竜崎警視長。着任早々 立てこもり事件の陣頭指揮を取り解決はしたが……というお話。
『隠蔽捜査2』のサブタイトルが付いている通り、シリーズ物の二作目。一作目は吉川英治文学新人賞、この二作目は山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞。なかなか打率のいいシリーズです。

『本格警察小説』の謳い文句の通り、警察の中のあれやこれやが中心に描かれますが、さほど演出過剰ではなく、それぞれの思惑も丁寧に描かれて「まぁあるよね、こういうこと」という程度に収まっているところが良いところ。
そんな中、主人公の竜崎は一番の堅物なのですが、不快でも人情の機微のわからないほどの堅物でもなく、描かれる内面も人間臭く、好印象。あまり好かれないエリートタイプですが、内面を描くことで、「お父さん頑張れ」的な応援したくなる。
推理小説的な仕掛けは、少々小粒ではありますが、なかなか手堅く悪くない。もっと大粒にしてしまうと、警察小説というバランスを崩してしまうでしょう。

作者の今野敏は、かなりのベテランで、多才な方です。不定期(?)刊行中の『宇宙海兵隊ギガース』なんて「ガンダムなんとかをノベライズしたもの」と言われても違和感がありません。
ただ、多才すぎて書きたいものが沢山あって、散らってしまいました感は無きにしも有らずですが。

このシリーズは既に三作目が出ています。
こちらも楽しみ。

スポンサーサイト