FC2ブログ

選挙、お花見

今日は午前中から夫婦でおでかけ。

まずは投票所へ。
震災のおかげで選挙運動は静かで、とってもよかった。あの選挙カーで名前を連呼するのに何の意味があるんでしょうね?政策本位、人物本位といくら言っても、あの選挙カーをやった途端に「嘘つきめ」と思ってしまう。あの名前連呼で政策や人物がわかるものか。うちは選挙区の端っこにあるので、普段の選挙もあまり名前連呼は来ないのですが、うちの奥様など、たまに来る名前連呼には、名前を覚えてその人にだけは入れないと誓っているとか。全くの逆効果。あれをやめれば選挙資金の節約になるでしょう?
政見放送も、時間と資源(電波・電気)のムダだからやめてはどうでしょう。その代わり、候補者の討論会でも中継する。人となり、政策に対する考えの深さなどわかるでしょう。震災があれば「命を守れ」と言い、凶悪犯罪があれば「防犯強化」「心の教育」を言いって、薄っぺらですよね。どのくらい真剣に考えて、どのくらい検討したのか、この人を当選させたら、どのくらい可及的速やかに実施してくれるのか分かりはしない。ならば戦わせてみればいんですよ。戦うのが嫌ならモデレータが意地悪に突っ込めばいいんですよ。原発事故に対する菅首相と枝野幹事長の受け答えを見れて、両者がどのくらいこの事故に対して勉強しているかは明白(勉強していればいいってもんでもないですが)でしょう。
「テレビ映りのいい人が有利になる」という反対意見もあるようですけど、全くもって「訳わからない」。街頭演説に対して「演説の上手い人が有利になる」という批判はあるでしょうか?「いやぁ、街頭演説よりもテレビの方がずっと影響力が大きくて……」ほら、本音が出た。街頭演説の影響度が低いならやめてしまえばいいんですよ。その分、街は静かになってお金は節約出来る。

というわけで(?)投票。

そのまま、この時期にいつも歩いている、近所の桜名所を巡るお花見コースへ。
震災の影響で桜まつりの類は中止になってしまいましたが、元々 酒盛りをするお花見には全く興味がないので無関係。花粉症持ちには、この時期 外で宴会なんてやる気が起きませんよ。いつも通り夫婦でテクテク歩きながら花を見て歩きます。露店など出てなくてかえって歩き易くて歓迎、くらいの気持ち。
だったら、よかったのですが、お祭りはないのに、たこ焼き・やきそば・フランクフルトはしっかり出店していました。まぁ、いつもよりは少なくて歩きやすかったですけど。

なんだかんだと4kmくらい歩きまわって、遅いお昼をとろうと、最初はインドカレー屋に行ったのですがそこは一杯、外に人が並んでる。次に出来たばかりの中華料理屋に行くと、たまたま出てくる人と出くわして席が空いたので滑り込みました。

天気は良くて暖かい。それなりに人は出てお店は繁盛。
色々なことがあった一ヵ月でしたが、今日はよい一日でした。

スポンサーサイト