FC2ブログ

藤原伊織『シリウスの道』


シリウスの道〈上〉 (文春文庫)シリウスの道〈上〉 (文春文庫)
(2006/12)
藤原 伊織

商品詳細を見る

シリウスの道〈下〉 (文春文庫)シリウスの道〈下〉 (文春文庫)
(2006/12)
藤原 伊織

商品詳細を見る

大手広告代理店に務める主人公には、人には言えない秘密があった。その25年前、13歳の時の出来事を察知した者がいて……というお話。

ミステリィ、なのかもしれませんが、ミステリィ要素はすごく少ない。秘密を察知した者とその目的、という部分があっさり小粒で拍子抜け。
広告業界を舞台にしたビジネス小説というか、サラリーマン小説、という趣き。紹介には「ビジネス・ハードボイルド」とありましたが、まぁ、確かにそんな言い方もあるかも。
それだけに、サラリーマンをしている人にはリアリティがありますが、学生さんとかにはピンとこないかもしれません。
例によって主人公はちょっと規格外れなのですが、その外れ具合が全てをぶち壊してしまうほどでも、外れすぎて無能にしか見えないわけでもないところが、いい感じ。このところ規格から外れ過ぎな人の話が多くて辟易としてきた身としては、このバランスも好ましいところでした。
ミステリィを期待するとはずれですが、それ以外なら楽しめると思います。

スポンサーサイト