FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅田砂胡『逆転のクレヴァス』


逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
(2009/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

いくら御都合主義だろうと、いくらお約束展開だろうと、何となく最近の数作が同じ話のような気がしても、
私はこのシリーズが好きなんです。
以上、おしまい。ありがとうございました。解散!










と書くだけなら、あまりにも無責任か。

えっと、『クラッシュ・ブレイズ』というお話の中の一作です。シリーズ物の例にもれず、お約束ごとがたくさんあるので、この話から読み始めるのは、おすすめしません。
完璧を期するなら、
まず『デルフィニア戦記』全18巻を読んで、
次に『スカーレット・ウィザード』全5巻を読んで、
この二つの話が合流する『暁の天使たち』全6巻(そんなにあったっけ?)
を読んでください。
ここまで来ると『クラッシュ・ブレイズ』シリーズは一冊完結なので途中巻はすっ飛ばして直接読んでも大丈夫です。ただここまで都合29冊を順番通り読んできたんだから、ここでも順番を守りたいということなら、『クラッシュ・ブレイズ』シリーズの前の13冊をお先にお読み頂いて、やっとこの巻に達します。

ふー、疲れた。

一冊完結なのでいくらでも話は作れるわけですが、このシリーズはストーリーが前に進むタイプの話ではないため、さすがに作者も飽きてしまったか、あと二冊ほど『クラッシュ・ブレイズ』を書いた後、全く別の日本人が主人公のシリーズを書き始めているようです。

最初に書いた通り、理屈ではなくて単純に文章の心地良さとストーリーの軽快さで私は好きなので、残り二冊も読むでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。