FC2ブログ

諫早湾干拓と菅直人

諫早湾干拓については、正直なところ私はわかりません。
今の農業の状況を考えたときに、農地を増やす意味ってどのくらいあるのか疑問ですから、感覚だけで言えば「いらないんじゃないの?」とは思いますが、あくまで感覚だけ。
ちゃんと意見するためには私自身は勉強不足です。

で、
今回この干拓事業に「昔からこの問題に取り組んできた」と菅直人氏が主張されることには、まぁ、そうなのかもしれませんね、としか言えないのですが、

が、
今回の中止決定に関連して流れている数年前のニュース映像で、「昔からこの問題に取り組んできた」野党時代の菅氏が、現地の役人?管理人?に「今(水門を)開ければいいじゃないか」「開けろ」「どうして開けない」と、「押し問答する」「言う」「迫る」もっとはっきり言えば「恫喝する」ところなどは、品位のかけらも感じられない。暴力こそふるわないが、態度や物言いはヤクザのそれと何ら変わらない。
野党の党首(当時菅さんが党首だったか知りませんが)だか国会議員だかに「開けろ」と言われて「はいわかりました」と開けられないのは明白です。そんなことをしたらこの職員は懲戒処分になるでしょう。
相手が「はい」と言えないのを見越した上で、また実際そんな権限も自分にはないのに言ってみて、「正義の菅直人」と「それに頑ななまでに抵抗する役人(国)」という構図をテレビカメラの前で演じることが、「昔からこの問題に取り組んできた」ことなんでしょうか?
国会議員なんて権力まで持たされて、出来るのがこの程度だということに、本人はもう少し恥じ入るべきだと思うのですが。

で、
今回高裁が政府側敗訴の判決を出したことに上告しないと決めたことを「政治決断」なんて詭弁もいいところ。だって決めたのは裁判所で、訴えを起こしたのは住民です。このどこに政治家がいる?
時代は流れて、菅氏は首相なわけですよ。もう少し早く、受身じゃなくて能動的に「中止」と言うことも出来る立場。もっと言えば、諫早湾に行って(品位は無いが)野党時代のビデオのように恫喝してみればいいんですよ。

え?
それは大人じゃないって?じゃあ、野党時代なら許されて、首相なら許されないってこと?
違う違う、そもそも、あんなヤクザ崩れみたいなことは、野党だろうと与党だろう国会議員だろうと首相だろうと許される事じゃない。
首相には、「政治決断」なんて詭弁を言っている暇があるなら、あんなことをやっちまった自分を反省してほしいくらい。
スポンサーサイト