本物と作り物と

まずはこちらを御覧ください。
ハイスピードカメラによる高精細スロー画像、ではありません。
全部CG。つまり、全くの作り物。
ここまで来てしまうと、実写であることに意味があるのか?と思ってしまいますが、やっぱり人間をCGで表現することは難しくて、特に表情などはどうしても不自然になってしまうとか。「表情を表現するテクニックが足りない」という面もありますが、同時に「人間はどうやって他人表情を認識するか」という部分の研究の不足もあるとか。それだけ人間は無意識のうちに大量の情報を処理している、ということなのでしょう。

こちらはCGのようにも思えますが、全くの本物。撮影方法と再生方法の工夫で作っています。MATRIXのマシンガン撮影とも少し似ているかも。撮影方法は全然違いますが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。