FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石持浅海『人柱はミイラと出会う』


人柱はミイラと出会う (新潮文庫)人柱はミイラと出会う (新潮文庫)
(2010/01/28)
石持 浅海

商品詳細を見る

人柱、お歯黒、厄年休暇、参勤交代、などというものが普通の生活の中に入り込んでいる、ちょっと妙な日本を舞台にしたミステリィ連作短編集。設定は全く異なるが、今も昔も一度もなかった世界を設定するという意味では、著者の『BG、あるいは死せるカイニス』と同じような手法の話です。

石持氏の話は、謎解きの論理は破綻を感じないのですが、動機や登場人物の行動が微妙というのが多い、というのが私の印象。
この話では、そもそも世界設定が妙なので、動機の微妙さも「ま、そんなもんか」と納得?無視?されてしまったみたい。謎解きの論理のキレはいつも通りなので、そんなところを楽しむのがいいでしょう。
ただ、全編を通して書かれる恋愛模様は、あってもいいとは思いますが、手馴れてないというか、ぎこちない。
最後のエピソードは、続編への布石なのかな?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。