「二重じゃダメなんですか?」← そんなこと考えてないです

なにか、久々にすごいものを見たので。


発信箱:二重じゃダメですか=福本容子 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160916/ddm/005/070/013000c

正確な内容は読んでいただくとして、私なりにまとめれば、

■ イングランド中央銀行総裁カーニー氏、英国籍を取ったのは3年前、しかも英国籍を取ったのは総裁になった後。カナダ籍、英国籍、アイルランド籍の三重国籍。三国とも多重国籍を認めているので問題なし
■ 青色発光ダイオードの発明でノーベル賞を取った中村氏は米国籍。本人は「アメリカ人でないと軍から研究予算をもらえないし、軍関係の研究もできないから」と説明。外国籍を取ったら日本国籍は喪失となる。
■ 「国籍はアイデンティティの大切な一部」なのに、日本国籍を取得したらどうして母国の国籍を捨てる必要があるのか。世界と日本をつなげてくれる国家的財産を失っていることに気付くべき。
■ 蓮舫氏は「二重じゃダメなんですか?」と法改正を呼びかけたらいいのに。


例えば私のような無名のふつーの人がブログにこんなこと書き散らしたなら、失笑をかうだけですが、
一般紙の紙面で、コラムという軽めの扱いとはいえ、文末に「(論説委員)」と署名して(「論説委員」は一般の記者とは違うのよ)書くには、あまりにも、自爆どころ、ツッコミどころ満載。

まず、手持ちの辞書や百科事典や(精度は落ちるけど)Wikipediaで、「カナダ」と引いてくださいな。
そこには立憲君主制の国、と書いてあると思います。はて、カナダに王様は居たっけ? と見れば、現時点で君主は「エリザベス女王」と書かれているはず。
確かカナダ国籍は英国に移住するのにビザはいらないし、英国の選挙権/被選挙権もあったはず。
次に欧州連合ってのを調べていただけば、アイルランドはその一員だとわかるでしょう。欧州連合が最終的に何を目指しているかを調べてください。
もっとも、カーニー氏にとってアイルランドは祖母の母国というだけで、どのくらい「アイデンティティの大切な一部」なのかわかりません。そもそも英国がEUから離脱するしね。

中村氏の例では、米国籍にせざるを得なかった理由に注目しましょうよ。つまり米国籍じゃないと「軍から研究費予算をもらえないし、軍関係の研究もできない」のはなぜか。
例えば、いくら米国籍を持っていても、イランと二重国籍では、たぶん軍からお金は出ないと思いますよ。

次に「国籍条項」というのを調べてみましょう。何でこのようなものが設けられているのか考えてみましょう。
私やあなただったら許容できる問題であっても、公人では許されないことってあるんです。
「国籍はアイデンティティの大切な一部」だからこそ、日本より他国の利益を優先する疑いが生じるような人が、もしかして首相になるかもしれない立場になることは、問題視されるわけです。
「世界と日本をつなげてくれる国家的財産を失っている」というところに至っては、意味不明。
蓮舫氏が台湾籍を離れたからと言って、蓮舫氏や台湾側の行動に変化があるだろうか?
逆に日本の首相が台湾籍だという理由だけで、対中国軍事同盟を台湾と結んでも問題だと思うけど。

そもそも蓮舫氏は多重国籍を是とすることなど一度も言っていない。どこをどうしたら、公的に認められた政党党首で国会議員である公人である蓮舫氏が「二重じゃダメなんですか?」と考えていると思ったんだろう?
それなのに「是と主張して法律を変えろ」と書いちゃうことも、意味不明。

今回の問題は、蓮舫氏の説明が曖昧かつコロコロ変わり、過去の自分の言動と矛盾していて、「政権奪取」を目指す野党の党首として、公人である国会議員としてどうなのよ? というところであって、
多重国籍の是非についてじゃない。

さらに一番心配なのは、一連の報道や情報の最前線にいるはずの「論説委員」の問題に対する理解度がこのくらいだというところでしょうか。

スポンサーサイト

『アンネの日記』破損の報道

あちこちで起こっている『アンネの日記』の破損事件について、テレビニュースで舛添都知事のインタビューが流れる。
曰く「ユダヤ人迫害やホロコーストを容認することは絶対許せない」「歴史を歪曲するようなことは許せない」

??何か違う気が。
「ユダヤ人迫害やホロコーストを許さない」から「『アンネの日記』を破損すること」を許さない、というのは変でしょう?
じゃあ例えば、アドルフ・ヒトラーの書いた『わが闘争』が破損されることは許されるの?

『アンネの日記』だろうと『わが闘争』だろうと、本を破損することは、その思想を読めなくしてしまうこと、つまり言論の自由に敵対する行為で、そこを非難すべきでは?と思ったわけです。

ところが、

そんなことを思ってニュースサイトを調べてみると、全然違う様相が。
例えば、
【アンネの日記被害】舛添知事、「言論の自由に対する重大な挑戦」と非難 - MSN産経ニュース

ニュースサイトはすぐに記事が消えてしまうので、要旨を書き出すと、
“「言論の自由に対する重大な挑戦だ。早く犯人を逮捕して、二度と起きないようきちんと処分してもらいたい」と厳しく非難……(中略)……「ユダヤ民族に対する差別やホロコーストを容認することは絶対に許せない」とも述べた。"
ということで、
舛添知事はまず「言論の自由」、次に「差別・ホロコースト」について言った、というわけ。
ところがテレビニュースでは「言論の自由」の部分は見事にスルー、追加部分だったはずの「差別・ホロコースト」だけをピックアップしている。

まぁ、これだけではニュースサイトとテレビニュースで、どっちが会見の主旨を捉えていたかは判りません。

判りませんが、「ホロコースト(大虐殺)」「歴史の歪曲」と単語が並ぶと、なーんか、何かを連想させるわけです。
もしそこまで意図してテレビニュースを編集しているとしたら、空恐ろしいことだな、と思う。

カツカレー

カツカレーです、カツカレー。
安倍自民党総裁候補(当時)が、総裁選の決起集会で、3500円のカツカレーを喰った、庶民感覚にかけ離れた振る舞いだ、うきぃぃ〜とマスコミが騒いでいるらしい。

もう、突っ込みどころ満載。

3500円のカツカレー喰っちゃいけないの?金持ちは金使え、というのが資本主義経済の基本です。そうやって経済は回っていくわけです。安倍さんって、きっと金持ちですよね?
例えば、政府から昼食代が出ていて、それが一食3500円というのなら、うーん、もう少し削ってせめて1000円にしない?と文句も言いたくなるけど、総裁選の決起集会って私費ですよね?

昔、共産主義ってものが世界にあった頃のジョーク。
ロックフェラーの大邸宅を見た、資本主義者と共産主義者はこう言いました。
共産主義者「誰にも、このような贅沢をすることは許されないはずだ」
資本主義者「誰にでも、このような贅沢をすることが許されるはずだ」


庶民感覚?あのー自民党総裁とか、日本国首相とか、そんな人達は庶民感覚がないといけないの?
なんか国会答弁でカップラーメンの値段を訊かれていた首相がいましたけど、こんなことを訊く方が税金ドロボーです。訊いている時間も税金で給料をもらっているわけですからね、政治家は。
送り迎えの車が付き、全国電車は無料で乗れる、当然通勤ラッシュも、終電を逃してタクシーを探すことも無縁な生活をしている段階で、政治家は既に庶民ではありません。そんな生活を何十年も重ねてきた人が首相になるわけですから、庶民なわけないでしょう。

金持ちは「庶民感覚」がないから政治家になっちゃいけないのかな。じゃあ、まずは立候補希望者の収入を調べて、ある一定額以上あったら被選挙権がないって規定でも作ったら?それは「普通選挙」じゃないから、日本は民主国家から脱落ですね。
本当に庶民感覚が大事なら、首相は全国民からくじ引きで選んではいかがでしょう?そこまで言わなくても、全国無作為に選んだ国民の代表十人からなる諮問機関を首相につけて、庶民感覚を鍛えては?

政治家ってのは、庶民感覚より国の利益を追求しないといけない人達です。私の「庶民感覚」なら、今すぐ中国・韓国と国交断絶しちまえ、ですが、そうはいかないでしょう。
極論すれば、政治家の庶民感覚ってのは、選挙に落ちないために必要なんだと思います。つまり人気取りのために必要。政治そのものには、庶民感覚がなくても国の利益を最大化出来ればよい(勿論、国の利益がひいては国民の利益になるのが前提ですけど)。

それに、これから勝負だ!って時に、カツ丼とか、カツカレーとか、とんかつとか喰う、というのは、私にはとっても「庶民的」なんですけど。ここ一番にガツーンと高級ランチを喰って気合を入れるって、「小市民」以外の何ものでも無い。

さらに、
安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難
この『ネット』ってどこのネット?JNNとかFNNとかかしらん。
少なくても私が見ているインターネットでは、「高級カツカレー」を食べたことに対する非難より、そんなことを非難報道している報道機関に対する非難の方が多いけど。

さらにさらに、
朝日新聞社ビル内の3675円、毎日新聞社ビル内カレーはなんと5040円
というわけで、朝日新聞社とか毎日新聞社とかに入っているレストランのカレーの方が高い!なんと、庶民感覚がなかったのは新聞社の方だった、らしい(と決めつけるのもアンフェアですが)。
道理で「ネットで非難」の「ネット」が見つからないはずだ。庶民的な人には見つからない「ネット」らしい。
いや、いいんですよ。自分の金で4000円だろうと1万円だろうと3万円だろうと、好きな物を食べていただいて。

とどめで、
安倍カツカレー、会場費込みの特別メニューだった
安倍さんが食べたカツカレーは決起集会の会場費に含まれていて値段は特にない(非公開)、とのこと。勿論3500円である可能性も否定出来ないけど、まぁ、儲けようというのに、そんなことはまずないでしょうね。
つまり、報道は「間違い・誤報」。悪意を持って書けば「嘘・捏造」である可能性も、有り。

まぁ、茶化して書いてきましたが、
マスコミが、公共の電波や新聞紙上で、こんなくだらない、しかも正しくもない、ある方向へ捻じ曲げようと見え見えのことを「報道」と称して出すことに、ものすごく危機感を感じます。もうすっかり誰もマスコミのことを信用していませんよね。こんな中、例え本当のことを言ってもダメでしょう。ちょうどオオカミ少年のように。

最後に、
Twitter / rabbitter77XX: 安倍氏高級カツカレー食べる→「庶民感覚がない!」との ...
いや、全く。
もう時効だろうから白状しますが、某所で毒入りカレー事件が起こった時、私は米国に住んでいましたが、夜の日本語テレビニュースで大写しにされるカレー鍋を見て、翌日の昼食は、日本人みんな誘い合ってインドカレー屋に行ったのでした。いや、本当に、ウマそうに見えたんです、あのカレー鍋。
不謹慎だけど、そうやって世界って回っているんだな、と、これは庶民の言い訳。

報道と中国

いろいろ大変なことになっていますが、
まず、ちょっと外れた視点から。

朝日新聞デジタル:中国警察、息のある女子高生を「凍死」 業者が田に遺棄 - 国際

新聞系のニュースサイトは、短期間(数週間)で記事を消してしまうのが通例なのに、6カ月も前の記事が、なぜか削除されてないのが不思議ですが。
女子高生が暴漢に襲われ倒れていたので警察が呼ばれたものの、浮浪者が死んでると判断、地元政府に収容するように指示、地元政府に依頼された運搬車は彼女を10キロほど運んだところで、どういうわけか田んぼに放棄。
それを見つけた地元民が救急車を呼んだところ、実は生きていた女子高生は助かった、というお話。

酷い話ですよね?
ええ、全くひどい話だと私も思うのです。口が悪いネット民は「これがチャイナクオリティ」なんてしたり顔で言っていたし、取り上げるテレビのワイドショーなどもあからさまには言わないまでも「だから中国は……」みたいな表情がありありと出てたりしました。

でも、ちょっと待って欲しい。
「ここは日本だ」ということ(何を当たり前のことを)。
そう、ここは日本です。

中国の出来事を、日本にいる私たちが知るというのは、情報の信頼度云々を考えた時には、どこか在中国のマスコミを経由しないと難しい。つまりこのニュースも在中国の報道機関のどこかが扱ったということ。
そして、なぜ在中国の報道機関が扱ったかと言えば、彼らにとってもこれは「酷いこと」だった、よくあることではなかった、ということを意味します。
「滅多にないこと」だから報道しているのに「よくある日常」と勘違いすると、話がおかしなことになります。

「よくある日常」は、こんな感じか。

【中国】「川に死体が!!」警察は緊急出動、1000人以上が見守るなか引き上げ→ダッチワイフだった | ロケットニュース24

引き上げられたのがダッチワイフだったので、「滅多にないこと」になって、こうして日本語の記事にもなりましたが、引き上げられたのが普通の人だったら、地域ニュースどまりの話題です。
でも、人々がやっていることは別に変じゃないですよね。川を流れていく人(?)を一生懸命助けようとしています。
前記の女子高生の場合でも、最初の警官、田んぼに捨てた運搬業者が変なだけで、通報した人などは、ごく普通の行動をしています。中国だからと言って、色眼鏡で見る必要はないでしょう。

最近日本で小学生をバッグに詰める馬鹿が出ましたが、おそらくこれは海外で報道されて、「HENTAIの国、ロリコンの国JAPAN」と思われたことでしょう。
これも「滅多にないこと」だから報道されたんですけどね(「滅多にないこと」と信じたいですが)。

さて、現在行われている反日運動ですが、
日本から見ていると中国人全部が反日になって、全部がデモやっているかのような印象を受けますが、実際のところは、

毛沢東の肖像画まで登場した反日デモの性質をざっくり考えてみた - 大陸浪人のススメ ~迷宮旅社別館~
今回の反日デモの黒幕についての考察まとめ - 大陸浪人のススメ ~迷宮旅社別館~

筆者は日本の方ですが、ニュースソースを中国人の報道やブログに求めています。私は中国語がわからないので、各ニュースソースに筆者が主張されているようなことが書いてあるのか。厳密には確かめていませんが、そこを信じるなら、
少なくても報道やブログを書く中国人たちは、冷静に「この反日は口実に使われているだけ」と考えているようです。
勿論、実際に被害が出ているのですから気をつけるべきですが、中国人自身ですら「これって変じゃない?」と思っている人がいる、というのは、ちょっとホッとするところです。

で、最後におまけ。

石原慎太郎東京都知事 定例記者会意見 2012年8月31日 - YouTube

日本の報道機関が答えられない中、中国人(?)らしき人が説明して、中国人嫌い(と称する)石原慎太郎が納得しているのが可笑しい。石原慎太郎は、確かに中国嫌いなんだろうが、冷静さとしたたかさを感じさせるパフォーマンスです。
一方、この会見の後ろの部分は報道されたが、この前半の部分は報道されなかったと思います。さて、これが意味することは何か?考えてみてもいいことでしょうね。

隅田川花火大会中継

暑い中、人混みの中へ出かけていく根性がないもので、花火大会は大抵テレビで済ませてます。最近は中継もハイビジョンなので微妙な光も結構綺麗に見えて快適。
勿論、本物の方が実はよいのでしょうが。

毎年の定番は、全国花火競技大会(大曲の花火)と、横浜開港祭花火大会と、隅田川花火大会の中継。
打ち上げ数は隅田川が一番多いですが、中継の良さだと圧倒的に大曲・横浜の方が上。

何が違うかといえば、中継中の音。
大曲も横浜も、花火の打ち上げ音と遠くから聞こえる観客の声がほとんど。
一方、隅田川の方は、司会がうるさい、ゲストがうるさい、お笑い芸人がうるさい、ピカチュウがうるさい(^^;)、変な家族の中継を入れて花火を見せない、と、毎年イライラすること少なくない。音を消して画面だけにしてしまった年もあるけど、やっぱりあの『どーん』という音が無いと物足りなくて、副音声でアナウンス無しの中継をしてくれと祈ったり、邪魔なお喋りは聞こえない聞こえないと頭から追い出して毎年見ていました。

それが、今年は違いました。

昨日の中継、花火の音と映像がほとんど。時々タレントの感想など入ってましたが(どーせ「すごいですねぇ」「迫力ありますねぇ」くらいしか言えないなら、花火を見せて視聴者の方に「すごいなぁ」と感じさせた方がいいだろうに)、許せる範囲。

やれば出来るじゃないか、テレ東。

きっと予算がなくてゲストや中継班を一杯出せなかったのが良かったんでしょう(^^;)
途中、恒例のピカチュウ番宣とか、アサヒビールのデモとか入りましたが、いつもの年よりずっと心穏やかに見てられて、これまたスポンサ的にもよい傾向でしょう。
ま、ファンは「貴乃花親方を映すなら、吉木りさを映してくれぇ〜」とか言いたかったと思いますが(ここは同意)。

来年も同様にお願いします。テレ東。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。