それ理系じゃないから

うっかり(ぼんやり)していて今頃気付いたのですが、
福島の原発事故が起こって、「理系に対する信頼の低下」というのが起こっているらしい。

と言うか、そういうことを言う方が増えたらしい。

前にも書きましたが
基本的に、理系の人は「絶対」なんて「絶対」言いません
(って理系の私が言っては自己矛盾を起こしてますけど、言いたいことは分かりますよね?)
経験を積めば積むほど、神様じゃない私達に「絶対」なんて言えないんだ、という経験が増えていく。工学の半分は「例外(事故)の時にどう処理するか」ですもの。
だから原子力発電について「絶対安全」なんて言葉を使ったのは「似非工学者(似非理系)」です。経験の浅い若輩者か、良心を売り払った日和者です。

名前に騙されちゃだめです。
例えば、政府の原子力安全・保安院という組織は、実は原子力の専門家ではありません。福島事故の際には院長からして「私は文系だから判らない」と逃げた組織です。彼らの発表より、それを咀嚼したNHK 水野解説員の説明の方が数倍わかりやすかったでしょう?わかりやすい説明が出来るというのは、理解度が高いということです。
例えば、何とか大学の教授が原子力についての専門家とは限りません。勿論尊敬できる方もいらっしゃいますが、学内政治力学の中で生き残り、それなりの地位を占めるに至るには、専門分野以上に必要な能力があります。

理系はこうだ、文系はこうだ、と二元論で世界は語れないでしょう。二元論のほうが理解する労力は少なくて楽かもしれませんが、正しい答えは出せません。
「原子力発電は絶対安全」というのは「理系」が言ったのでも「文系」が言ったのでもありません。「原子力の安全を確保しなくてはならない人達」が言ったのです。そこには「理系」だの「文系」だの全く関係有りません。

スポンサーサイト

1年が経ちました

このエントリィは3月11日にしてありますが、書いたのは一週間ほど後です。
何というか、書くことの整理がつかなくて、ずっと干してありました。

11日は、マンションの集まりに出た後、こちらにも書いたお店で昼食を食べ(ちなみに、しゃぶしゃぶはメニューに戻ってきています)、近所のデパートの東北展で厚焼き牛タン弁当を買い、ひなたぼっこも兼ねて歩いて家へ帰りました。暖かくて良い日でした。花粉が酷くて、ズルズルいいながら、途中のコンビニでマスクを買うハメになりましたけど。

最近震災のテレビ番組の視聴率が以前ほどではないことを、「震災が忘れられている」と非難する声があるけれど、例えばうちの奥様などは、「見るのが辛い」と言って震災関係の話題だとチャンネルを変えてしまいます。最近津波映像の前には「これから津波映像は流れるよ」と注釈が出るようになりましたが、同じように辛いと思っている人、多いんじゃないでしょうか。
だから決して忘れてしまったわけでは無いんです。

放射線の正しい測り方 その2

以前、
放射線の正しい測り方
を御紹介しましたが、
今度は食品から出ている放射線の測り方

放射線の正しい測り方2 食品編

前と同じく鈴木みそさんの漫画です。
丁寧にわかりやすく書かれています。こんな有用な情報を無料で公開してくれる方へ感謝。

これを読んで何を書いているのかわからない方、測るのは諦めてください。このくらいの知識も無い方が測って「放射能が出た〜」と叫ばれても、皆が迷惑ですから。
マスコミも1万円くらいの測定器をキノコに押し付けて測るのは止めてね。測り方が間違っている上に、こちらにも書きましたが、そもそもその測定器、おもちゃに毛が生えたようなものだから。

以上を理解した上で、これを読んでください。

穴だらけの食品放射能検査体制 4月の新基準値導入で混乱必至|ダイヤモンド・オンライン

首都圏について言えば、外部被曝は付着した放射性物質を洗い流せば防げます(かなり乱暴な言い方をしてますが)。疑わしいところに近づかなければ防げます。おもちゃに毛の生えた程度の測定器で、あそこが高い、こっちが危険だとやるのは、神経すり減らす弊害のほうが大きいと思いますよ。私の友人達のように趣味ならばいいですが。
そんな「活動」をするくらいなら、食べ物について、メーカー各社に圧力をかけてください。安全が確認出来ていない食品は買わない運動をやってください。元々ろくに作物を作ってもいなかったような似非農家に変な補助金を出すくらいなら、国はこういう測定システムを整備することにお金を出してください。
残念だけど、向こう十年間は、こういったことを確認しながら物を喰わないといけないでしょう。私なんていい歳ですし、これから子供を作る可能性もゼロでしょうけど、今いる子供たちのために、これから何十年も生きていく二十代・三十代の人達のために、これから生まれてくる子供たちのために、必要なことです。

「家族の大切さを感じました(ドヤ顔)」

一昨年くらいに「にわかに有名になった」財団法人日本漢字能力検定協会が、毎年やっている「今年の漢字」。今年は「絆」とかそんなところだと思うのですが、
それを盛り上げるように?最近「震災後には家族との絆を感じます」とか「ドヤ顔」でマスコミにインタビューに答えている一般人が目につくのですが、
あれって恥ずかしくないんでしょうか?
そりゃ何を感じるかは人それぞれなので、インタビューに何を答えようと勝手なのですが、
それじゃ震災前にはあなたは家族に対してどう思っていたの?震災みたいな大変なことが起こって確認できたことは、全く出来ないよりはいいことでしょうけど、そんな「気付いた私は偉い」みたいな自慢気なドヤ顔で言うのは、恥ずかしいと思うんだけどなぁ〜私は。


12月24日追記:
asahi.com(朝日新聞社):今年の漢字は「絆」 2位「災」、3位「震」 - 社会
という訳で、今年の漢字は本当に「絆」でした。

再び帰宅難民になる

というわけで、21日の台風、関東圏の電車ストップで、またまた帰宅難民になりました。
今回は粘れば帰れないこともなかったのですが、夫婦共働きで子供が心配という境遇ではないですし、ぎゅうぎゅう詰めの電車で朝の3時に帰りついて、4時間寝て再び出社する元気がなかったのでお泊りにしたのですが。

今回もJRの対応はひどかった。
震災の経験が全く生かされている気がしない。何百年に一度の災害だから、次は次の人が考えてくれ、くらい思っているんだろうか?それとも異常事態なのだから、ちゃんと対応できなくて当然とでも思っているんだろうか?

天災なんだから電車が止まってしまうのは仕方ないとして、駅の改札内に身動き出来ないほど人を入れてどうする気なんだ?一応ホームに降りる階段では人数制限もしていたが、ホームでもコンコースでも身動き出来ないほど人がびっしり。
人熱の中数時間立ちっぱなしで具合が悪くなる人多数。身動きも出来ない状況なので、倒れても助けも呼べないし救助の人も来られない。床に寝かしておくだけが、そこかしこ。
ここで地震が起こったらどうなるんだろう?脳溢血や心筋梗塞でも起こしたら、救助が間に合わなくて亡くなること間違いなし。

それでも皆が待っているのは、電車が動いているという情報に頼ってのこと。
そりゃ、電車は動いているが、乗れているわけではない。電車はせいぜい30-40分に一本、下手をすると一時間に一本。東京駅始発となれば、東京で詰めるに詰めるだけ人が乗り発車、次の駅からは中の人が息継ぎするためにドアが開くようなもので、全く誰も乗れない。次の電車は40分後。その間に東京駅では人が溜まりこの繰り返し。かくして、電車は動いているが、誰も乗れず、駅の人は減らず、電車だけでなく駅でも すし詰め状態の出来上がり。

私もホームで先頭に並んでいたが、二時間に三本着いた電車で、自分も含めて周りの人が一人も乗れていないのを見て、こりゃ乗れるまであと二時間は待たないとだめだと思い、会社へ行って、椅子を並べて早々に就寝準備をしました。

普段から各駅の乗降者数は把握しているんだろうから、その割合に則った人数だけ改札内に入れればいいんです。つまり普段、東海道線は東京駅で乗る人が80%なら、80%にあたる人だけ改札を通す。新橋20%、品川20%で、川崎では多少降りる人が多めで、横浜では降りる人が多くて……と。勿論一々改札で行き先を訊いて人数を数えるわけにもいかないでしょうから、完璧には実施できないでしょうが、今の無策よりはよっぽどマシ。駅全体の輸送力が一時間に千人の時に、改札で一万人通すのは愚の骨頂です。

あとは構内アナウンス。
「台風の影響でダイヤが乱れて、皆様には迷惑云々」知ってるよ、そんなこと。人身事故、沿線火災などの時に原因をアナウンスすることは意味があるが、地震・台風は全く意味なし、情報量ゼロ、手抜き以外の何物でもない。
「東海道線は止まっているので、運転中の京浜東北線・横須賀線へ云々」あのー、上に書いたような状態で、最初から並んでいる人でも乗れてない状況なのに、これ以上人を集中させて事故になったら責任取れるの?アナウンスする人は今眼の前に起こっていることが見えてないの?
遊園地のアトラクションだって「待ち時間2時間」と出る。客が何時間居座るかわからない(つまり予測が難しい)レストランだって、だいたいの待ち時間は答えてくれる。今並んでいる人と、一本の電車に乗れる人を見ていれば、大体の待ち時間くらいわかりそうなもの。「東海道線は運転中ですが、待ち時間二時間です」と言われれば、「解散、解散」となって駅の混雑はかなり解消して死人が出る可能性は大幅に減る。あれだけの人が集まって事故にならないのは、今の日本人が並外れた忍耐力と秩序を守る道徳心をもっているからだと思います。今後もそれに頼ったやり方が出来ると思ったら大間違い。

災害なんだから想定外はいくらでも起こる。完璧は出来ない。でも、前よりましを目指す準備と気概だけは持ち続けたいものです。


10月3日追記:
こちらに当日の写真が載ってました。が、私が見た時にはこの三倍くらい人がいました。この写真は比較的早い時間帯だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。