恐怖の瞬間

ある平日の夕方。
時刻は夕方だけどまだ日は出ていて、残暑が厳しく昼と余り変わらず明るい、
そんなある日の夕方。

数カ月に一度訪ねている街中の小さな雑居ビルの入口に立つと、ありふれたデザインの自動ドアがいつものように開く。外は明るすぎるほど明るいため、相対的に中は暗いが、いつものように足を踏み入れる。
そこは飾りの何も無い小さなホールになっていて、エレベータが2機働いている。特に何も考えず、まっすぐエレベータへ向かい、上りのボタンを押して前で待つ。
日が直接入らないためか、そこは外よりは多少涼しい。
階数表示のランプをぼんやり眺めていると、背中から突然その声はかかった。

「隠れんぼする者、この指止まれ」

若くない、どちらかと初老の女性の声。
全く人の気配もないところからの不意打ちに、ギクリとして振り返ると、右後ろ数メートルのところに歳は七十前という小柄な女性がニコニコ笑いながら立っている。
振り返った私と目が合ったはずだが、彼女は私など居ないかのように、どこかわからないところに向けて笑いかけていた……

外が明るいためか、幽霊や妖かしの類は思い浮かびませんでしたが、
「ボケてるおばあちゃん」という一番穏やかなところから、「ナイフを振り回す気の違った殺人鬼」というホラー映画ばりの想定まで、一瞬で組み上がる。
いずれにしても対応を誤れば付きまとわれるのは必至。
こんな時はどうすればいいんだ?ノって話を合わせるのがいいのか、それとも聞こえないかのように振る舞うのがよいのか?
早くエレベータ来いよ!とジリジリと待ちながら、でも、待てよ、エレベータに一緒に乗って来られても困るぞ、ここは一旦外へ出て、この人が何処かへ行ってしまうのを待つほうがいいんじゃないか?とか、実に色々なことが頭の中を駆け巡る。

その間、せいぜい1-2秒。
次の瞬間、何か小さなものが私の横をすり抜けて、彼女に飛び付く。
4, 5歳くらいの男の子。
気付かなかったが、入口を入って左手には、ポストがたくさん並んだ小部屋があって、男の子はその中から飛び出して来たらしい……

というわけで、私の恐怖は妄想でしか無かったのですが、
いやぁ、声がかかった時には、本当に怖かったです。

スポンサーサイト

探偵物語

あまちゃんでブレイクした能年玲奈の次回作は、
ホットロード
らしい。
ホットロード、知ってます?四捨五入50歳のおっさんである私は、何となく知ってますが、どちらかというともう少し下の世代が好きだった話。
「そうそう、見かけだけで『不良』って言われちゃったあんな子達の方が『純粋』で『優しい』のよね」なんて思っていたのは当人達だけで、他の『業界』でも同じくらい『純粋』で『優しい』奴は沢山いたわけで、自己満足&気味の悪い自己愛大爆発で、他人に迷惑かける分だけ、やっぱりお前らの方がダメにしか思えないわけだが、
いずれにしても、今どき暴走族かっけーなんて話、誰が喜ぶんだろう?

で、テレビをザッピングしていたうちの奥様いわく、

「あまちゃん(能年玲奈)とミズタク(松田龍平)でこれやればいいじゃん」

画面に映っていたのは、薬師丸ひろ子と松田優作。そう
探偵物語』(松田優作主演のテレビの方じゃない、薬師丸ひろ子主演の角川映画の方ね)
妻よ、それはGood Ideaだ。
薬師丸ひろ子も出して思い出話にするか、母娘の過去と今の二重話にするか、味付けも自由自在、一瞬にしてキャッチからプロモーションまで頭に浮かんでしまったぞ。

と、素人にでも思い浮かぶアイデアが実現しないのは、関係者の誰かが色が付くのを嫌ってゴネたのかな?
能年にはピッタリな話だと思うんだけど。

岡田育『嫁へ行くつもりじゃなかった』

嫁へ行くつもりじゃなかった――私の新婚日記 | マイナビニュース

私はこのエッセイで初めて知ったのですが、著者の岡田育さんは、テレビでコメンテータなどもされていて、知っている方も多いようですね。
どうしてここへ辿り着いたのか思い出せないのですが、最初に読んだのが連載7回目で「この人、私と同じ種類の人だ」と思いました。
今でも、退勤で建物を出る時、出来るだけ同じ方面の人と一緒にならないように、不幸にも一緒になってしまったら、どうやって巻こうか考える。さすがに会社で「俺に話しかけるな」と言うほど変人ではないが、社会人としての愛想は勤務時間で尽きてしまって、退社したなら一刻も早く一人になりたい。
そんなものだから、とても誰かと一緒に住むなど出来そうもないなと思っていましたが、結婚して十五年以上経ちました。今でも、奥さんが一生懸命いろいろなことを話してくれるのを、聞いてないわけではないけど、我ながら無愛想だなと思いながら相槌を打っていて、気悪くしてないかなと時々心配になるけれど、今のところ大過なく暮らしています(と思う)。

他の回も読んでみると、うなずけることが多い。バックグランドというか、ベースにあるところが似ているためかもしれない。
私も何となく「このまま一生独身なんだろうな」と思っていたし、うちの奥様も(当人はともかく)周りは「仕事が好きで、結婚に興味がないんだ」と思われていたそうですし、うちの夫婦も交際期間実質10日ですし。

婚活とかの絡みで、世間では「結婚生活が長続きする人はこんな人」みたいな記事をたくさん見ますが、どうもしっくりとは来ず、「それもあるかもしれないけれど、そればかりじゃないよ」と思っていました。結婚は損か得かみたいな話も、「損得考えるのは邪道!」と言うほどピュアではないが、本当に大事なことはそこでは決まらない気がしていました。
そんな中、

(ちょっと長いけど連載3回目から引用)
「我々二人に残された時間はあとどのくらいあるだろう。私はそのうち、どれだけを手放しで彼に差し出せるだろう。もう働けないと言われたら、彼の分まで私が稼げるだろうか。子供が欲しいと言われたら、産み育てる努力ができるだろうか。目の前で彼が死にかけていたら自分の命と引き換えにしてでも助けようと思えるか。私と結婚することで、彼は自分で思っているほど幸福になれるのか。他の誰かと一緒になる以上の幸福を、私は彼に与えてやれるのか。私はこの申し出に見合う相手なのだろうか。」

という気持ちの方が、しっくりときます。

結婚したくて出来なくて焦っている人に参考になるとは思いませんが、
結婚を諦め気味の方には、ちょっと見方を変えるきっかけにはなるかもしれません。
あと、むしろ既婚の方が「あの頃」を思い出すために読んだ方がよいかもしれません。

あまちゃん

あまちゃんです。昨日終わりました。

元々我が家では朝の連ドラを見る習慣は無く、私も関心無かったのですが、
『潮騒のメモリーズ』がうちの奥様の「可愛い子センサ」に引っかかり、
それでも、朝に見ていては遅刻確実なので、夕食のバックに夜の回が流れているのを、何となくストーリーが追えるくらいには見ていたのでした。

朝の連ドラで、『あまちゃん』というタイトルで、「おら海女になるっ!」でスタートした話が、どうしてこんな展開になるか。絶対企画書には「都会の娘が、母の故郷で海女になり、震災で傷ついた人々を癒やし、東北を応援する」とか何とか薄気味悪いことが書かれていて(当方妄想)、頭の硬いおっさん役員のOKもらってしまえばこっちのもの、演じている役者すらわからないようなギャグを散りばめつつ、ものすごい量 張られた伏線を回収しながら、震災や、海女や、アイドルですら、最終的にはどーでも良くて、そんなものより大事な「明るい明日のための話」に仕上げた制作スタッフは、見事な限りでした。
今シーズンも来シーズンもテレビドラマは沢山作られるだろうけど、どうして最終シーンで二人がトンネルの中を走るのか、どうして舞台が久慈だったのか(石巻や気仙沼や陸前高田じゃなかったのか)、出演者の人気に寄りかかるばかりのドラマしか書けない脚本家達は、わかってくれるかなぁ?

と偉そうに書きつつも、まぁ、全部わかっているわけではないんですけど。
アキの父役の尾美としのりがタクシー運転手ってのも本当は「クスッ」ってポイントだったけど、最近まで気づきませんでした。見てなかったんです、あのドラマ。
(昔は演技より歌の方が圧倒的にうまかった)薬師丸ひろ子が「壊滅的歌唱力」の鈴鹿ひろ美役をやるというは、私にとっては「クスッ」ってポイントだったのですが、いざ放送で薬師丸本人が歌ったら、あまりの旨さに驚いた人が少なくなかったことに、別な意味で驚いてしまいました。なるほど、常識ってのはほんの数歳でも違うもんだな、と思った次第。
伊坂幸太郎の話をどこまで楽しめるか、って話と似ているか、これ。

で、岩手三陸の方言で「じぇじぇ」という感嘆詞は聞いたことがありません。NHKは、久慈の小袖地区の方言と懸命に説明していますが、久慈の友人達に聞いても「言わないとは言い切れないけど……」という程度。宮藤官九郎がフィールド・ワークで聞いたとのことなので、言う人はいるようですけど、広く使われているかは疑問。もしかして一人の人の口癖だったりして。別に教育テレビ「方言の時間」じゃないので、そんなところに正確性を求める必要はないのですが。
今となっては久慈より全国で使われる言葉になったか。
ただし可愛い娘限定という感、なきにしもあらず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。