FC2ブログ

2013年カラオケ年間ランキング

誰も待っていないでしょうが、
2010年カラオケ年間ランキング
2011年カラオケ年間ランキング
2012年カラオケ年間ランキング
と書いてきたものを、今年もやってみます。

ソースは前回と同じく、
2013年 年間カラオケリクエストランキング [第一興商]
前回と同じく20位内に入った曲数を発売年別にピックアップします。
また、何年間か連続して20位内に入っている曲を「定番曲?」としました。


13年に
歌われた曲
12年に
歌われた曲
11年に
歌われた曲
10年に
歌われた曲
09年に
歌われた曲
定番曲?
86年発売11111天城越え(石川さゆり)
87年発売10000
95年発売11111残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
96年発売11000
01年発売21111小さな恋のうた(MONGOL800)
04年発売32112ハナミズキ(一青窈)
05年発売11112Story(AI)
06年発売12333愛の歌(倖田來未)
07年発売12213Lovers Again(EXILE)
08年発売21147キセキ(GReeeeN)
09年発売11170
10年発売1260-ヘビーローテーション(AKB48)
11年発売152--
12年発売30---
13年発売0----


昨年までなかった特徴は、長らく50位内にも入らなかった曲が突然リバイバルヒット、というもの。「シングルベッド(シャ乱Q)」とか、「奏(スキマスイッチ)」とか。シングルベッドは今年再発売したから?奏は2012年のファン投票1位になったため?よくはわかりませんが。
去年のエントリで09年10年の曲は弱いと書きましたが、10年は「ヘビーローテーション(AKB48)」が残りそうですが、09年の方はたまたま「女々しくて(ゴールデンボンバー)」が当たってますが、それが消えれば全滅します。
11年発売曲も、残っているのは「千本桜(WhiteFlame feat. 初音ミク)」のみ。これも今年突然のランクインなので、一過性のブームっぽい動き。定番になるかどうか。
12年発売曲は、残っている三曲が全て演歌という最近では珍しいパターン。演歌は長く唄われるイメージがありますが、「定番曲?」欄の通り、20位内に3年以上連続して顔を出すようなパワーのある曲は、案外ありません。

こうして見ると、09年以降音楽にパワーが無いんですねぇ。

スポンサーサイト



2012年カラオケ年間ランキング

昨年、一昨年と書きましたが、
2010年カラオケ年間ランキング
2011年カラオケ年間ランキング
今年も何となく惰性で書いてみます。
こういうの、マスコミでは定点観測なんて言います。ある意味手抜きなのですが、年毎の傾向が判ったりして面白いもので。

ソースは10年11年と同じく、
2012年カラオケ年間ランキング [第一興商]
です。

同様の資料には、
JOYSOUND 2012年 年間カラオケランキング発表!
というのもあります。第一興商の方が飲み屋系が強く出ていて、JOYSOUNDの方がカラオケボックス系の票が強いでしょうか。JOYSOUNDにはVOCALOID系の曲やアニソンが入ってたりします。


12年に
歌われた曲
11年に
歌われた曲
10年に
歌われた曲
09年に
歌われた曲
定番曲?
86年発売の曲1111石川さゆり 天城越え
95年発売の曲1111高橋洋子 残酷な天使のテーゼ
96年発売の曲1000
01年発売の曲1111MONGOL80 小さな恋のうた
04年発売の曲2112一青窈 ハナミズキ
05年発売の曲1112AI Story
06年発売の曲2333倖田來未 愛の歌
湘南乃風 純恋歌
07年発売の曲2213EXILE Lovers Again
08年発売の曲1147GReeeeN キセキ
09年発売の曲1170
10年発売の曲260-
11年発売の曲52--
12年発売の曲0---

例年通り、上位20位までの曲を拾っています。
昨年まで出してた表から訂正が入って変わっています。某筋情報を鵜呑みにしたら発売日が全然違う曲が何曲かありました(^^;)やっぱり自分で確かめないといけないね。

毎年連続で20位以内に入っている曲を「定番曲?」として抜き出してみました。「俺の歌う曲が入ってない」とクレームしないように。範囲を50位以上にすると、もっと曲数は増えます。尾崎豊の『I Love You』の様に20位以内には入らないけど、毎年30位辺りにいるという曲もあります。

ではどのくらい歌われたら定番と言えるのか?というと、
2009年時点歌われていた上位20曲のうち、2012年リストの50位以内に残っているのは16曲。消えた4曲は2008年発売が3曲、2007年発売が1曲。
2010年の上位20曲は、2012年リストでは13曲。消えた曲は2009年発売が6曲、2008年発売が1曲。
2011年の上位20曲は、17曲残り、消えた3曲は全て2010年発売。
つまり、発売した翌年によく歌われ、翌々年まで残ると定番となる、というライフサイクルをたどるようです。

ただ、2009年時点で20位以内に入った2008年発売曲は、2012年時点で50位以内にいる生存率は57%(4/7曲)なのに対して、
2010年時点で20位以内の2009年発売曲は、2012年 生存率は14%(1/7曲)しかありません。
2011年時点で20位以内の2010年発売曲は、2012年 生存率50%(3/6曲)に回復していますが、
経ている時間を考えると、2008年発売曲より、2009-10年発売曲の方が弱いようです。この後数年で何曲脱落するか。
本当の意味のヒット(楽曲が好かれる)が出ていない、という意見が正しいということでしょうか。

細かく見ていくと気づくのは、嵐の曲があまり歌われていないこと。2009年以降20位以内に入った曲はひとつもありません。範囲を50位以内に広げても最近二年(11,12年)では出て来ません。アーティスト別集計では5位とかに顔を出すので、昔の曲も含めて色々歌われているとは思うのですが、定番曲が無いという結果に。
AKB系列を除けばヒットメーカーの筆頭のはずなんですけど、コアなファン以外に広く好かれる曲ではない、コアなファンは出たCDは買うけど曲が好きなわけじゃない、というファン像か。それっていかにもジャニヲタ(^^;)

あと、12年になって見事なくらいK-POPがランク外へ(^^;)少女時代がかろうじて48位にひっかかっただけ。元々アーティスト別では11年もランク外ですから、特定の曲に集中しただけで人気の裾野が広かったわけではない、典型的な一発屋のパターンでした。

2011年カラオケ年間ランキング

一年程前、
2010年カラオケ年間ランキング

なんてエントリーを書きました。
「2010年の曲は2010年には歌われなかった。でも2009年の曲も2009年には歌われず、2010年に歌われた。結局音楽業界の(売らんかなの)サイクルの早さに、ユーザーが付いて行っていないんじゃないの?音楽が売れないと嘆く前に、やることがありそうだよ、業界人」
なんて説を書いてみました。

で、2011年がどうなったかというと、
ソースは同じく、
2011年年間カラオケリクエストランキング[第一興商]

分類すると、

11年に
歌われた曲
10年に
歌われた曲
09年に
歌われた曲
94年発売の曲111
00年発売の曲001
01年発売の曲111
03年発売の曲111
04年発売の曲112
05年発売の曲112
06年発売の曲222
07年発売の曲324
08年発売の曲146
09年発売の曲170
10年発売の曲60-
11年発売の曲2--


前年の曲(11年なら10年の曲)がよく歌われるという傾向はそのままですが、
今年は今年の曲も歌われたみたい。11年発売だけど11年に歌われたのは、「Everyday、カチューシャ」と「マル・マル・モリ・モリ!」。
いろいろ批判されるAKBだけど、楽曲的にも愛されたってことじゃないでしょうか。ちなみに、AKBで入ったのは「会いたかった(06年)」「ポニーテールとシュシュ(10年)」「Everyday、カチューシャ(11年)」の三曲。
こんなこと→「誰もAKB48の音楽なんて聴いていない」
も書かれましたけど、「会いたかった」はもう鉄板ソングになったということでしょうか。

10年までの傾向だと、前々年の曲も歌われていましたが、11年は09年の曲はあまり歌われなかったみたい。残ったのは「また君に恋してる(坂本冬美)」のみ。
10年では脱落した09年曲は「春夏秋冬(ヒルクライム)」「Butterfly(木村カエラ)」「ふたつの唇(EXILE)」「Love Forever(加藤ミリアx清水翔太)」「YELL(いきものがかり)」「もっと……(西野カナ)」。
「春夏秋冬」が30位に残っている他は50位以内からも消えましたが、いきものがかり、西野カナは10年にリリースした別な曲が入っているので、それと入れ替わったとも言えます。意地悪な言い方をすれば、EXILEの「Lovers Again(07年)」のようなAll time Best songではなかった、とも言えます。

売れている(?)と評判のK-POPは「ミスター(10年、KARA)」「Gee(10年、少女時代)」の二曲。私もこの二曲くらいしか記憶に無いんですよねぇ。11年でも話題は多かったけど、本当に好かれてたんだろうか。
結果は来年出ます。

2010年カラオケ年間ランキング

第一興商「2010年 年間カラオケリクエストランキング」を発表、トップ20に2010年の曲入らず - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

私自身は全くカラオケをしないので実感がありませんが、
元記事によれば、2010年年間カラオケランキングでTop20に2010年の歌がなく、一番最近でも2009年11月の歌とのこと。
さらに一年前にはこんな記事も。

第一興商が発表した「2009年 年間カラオケリクエストランキング」のトップ20に2009年の曲が入っていない - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

というわけで、2009年も同じ状況だったみたい。

「最近の歌は、売れているといっても一過性・局所的な現象」「最近の曲はあまり歌われない」なんて話かと思いきや、
ざっとTOP20の曲を集計してみると、


10年に
歌われた曲
09年に
歌われた曲
94年発売の曲11
00年発売の曲01
01年発売の曲11
03年発売の曲11
04年発売の曲12
05年発売の曲12
06年発売の曲22
07年発売の曲24
08年発売の曲46
09年発売の曲70
10年発売の曲0

「最近の曲は歌われない」ならば、2009年で歌われなかった2009年の曲は2010年でも歌われなかったでしょうが、そんなわけではなくて、ちょうど一年シフトしている感じ。

ということは、これって、発売されてから歌われるまでの時間が長くなった、ということなんでしょう。

ここからが独断ですけど、
新曲に触れる機会(時間)が短くなった、ということじゃないでしょうか。自分で歌いたいと思うほど親しみを感じる前に、耳にしなくなるのではないかな?
発売直後には夕立のように浴びせかけられるが、やっぱり夕立のようにすぐに通り過ぎてしまう。それでもファンになった一部の人が歌ううちに「あ、それいいね」となって、また他の人も歌い始めてランクイン、とか。
これってやっぱり歌番組が消えたことが影響しているんじゃないでしょうか。新曲って出た週に取り上げられるだけで、すぐに地上波では見なくなりますからね。スカパーの音楽チャンネルではランキング番組もありますが、毎週見せられるのが同じPVなんで、飽きてくるんですよね。
私らが子供の頃にはベストテン番組なんてものがあって、特にアイドルなんて毎週違う衣装・パフォーマンスで出演してくれて同じ曲でも1-2ヵ月毎週見ていても飽きなかったんですけど。

あと、2002年は不作の年だったのかな?

小田和正『キラキラ』
BoA『LISTEN TO MY HEART』
the brilliant green『Rainy Days Never Stays』
CRAZY KEN BAND『クリスマスなんて大嫌い!! なんちゃって』
RAG FAIR『恋のマイレージ』
ZONE『証』
アラシ『ナイスな心意気』
キンモクセイ『二人のアカボシ』
島谷ひとみ『亜麻色の髪の乙女』
一青窈『もらい泣き』
平井堅『大きな古時計』
松浦亜弥『桃色片想い』『Yeah!めっちゃホリディ』
モーニング娘。『ここにいるぜぇ!』『そうだ! We're ALIVE』

なんてところ。
カラオケでは歌いにくい?